1. TOP
  2. キャリアにおけるiPhoneを比較してみよう

キャリアにおけるiPhoneを比較してみよう

1.iPhoneの優位性

iPhoneは、APPLEにより販売されている非常に独自性の高い端末です。携帯端末の世界の売り上げを見てみると、iPhone以外はすべてアンドロイド端末のみとなっています。端末や能力の違いはあったとしても世界中の企業がAndroid端末を販売する中で、APPLEのみがIOSを搭載したiPhoneが販売されていることを考えるとAPPLEの技術力の高さが垣間見えてくるでしょう。また、iPhoneは日本においての人気が非常に高くスマホユーザーにおいては7割ほどの人がiPhoneを使用しているというデータがあります。

特に最近では、Android端末と同じように防水・防塵機能なども付随し、仕様としてAndroidとの差がなくなってきている現状があります。ちなみに、値段に関して言えば、日本国内ではAndroidとiPhoneの値段はそこまで大きく変わりませんが、日本以外ではAndroid端末のほうが安価となっているケースもあり、端末の入手先によってAndroid端末の値段はかなり上下するということを覚えておきましょう。

2.キャリアにおける比較

はっきり言えば、能力的な差はありません。むしろ、キャリアが変わっただけで能力が変わってしまう製品は頼りになど出来ません。では、キャリアが異なることによって何が通ってくるのでしょうか。まずは、受信できる電波です。これは選択するキャリアによってかなり異なります。例えば、速度的にdocomoが優位な場所もあれば、auやSoftbankが優位な場所もあります。また、山や山林が近い場所においては、au・docomoのほうが繋がりやすいなどキャリアによる電波の違いは個人では変えられません。次に変わってくるのは、料金です。スマホに限って言えば、料金は付随させるパケット容量でかなり異なってきますが、同一条件であれば大手であれば横並びの料金と言っても過言ではありません。もっとも、iPhoneに会社として力を入れているのはSoftbankであり、料金的にも割引サービスが多いため、総合すると大手3社内であれば数百円単位ですが最も安価でiPhoneを契約することが可能です。

3.格安SIMと大手

最近では、大手携帯事業者の料金に致して疑問を抱いている方は非常に多く、格安SIMサービスが人気となってきています。また、現在では大手業者でもSIMフリー端末を販売しているため、様々なSIMを同一の端末で使用できるという機会は増加しています。しかし、大手では可能だったサービスを格安SIMでもそのまま使用できるわけではなく、SIMの品質や通話の品質、回線の速度などは大きく異なることも少なくありません。端末としてiPhoneを選択すれば、端末に不自由することはなくなりますが、契約する携帯事業者については詳しく調べたり、担当者に聞いてから契約を行うことをお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • auでeSIMは使えるのか? 設定方法も合わせて徹底解説!

  • スマホとWiFiの関係性

  • スマホの電波が悪い原因は1つじゃない

  • 携帯電話とスマートフォン、SIMロック解除条件について

  • docomoの電波は悪いのか

  • スマホの液晶を保護!おすすめ【ガラスフィルム】&貼り型・剥がし方