1. TOP
  2. 初心者必見!Androidスマホで全画面表示と画面回転を固定する方法は?

初心者必見!Androidスマホで全画面表示と画面回転を固定する方法は?

 2018/03/15 携帯電話・スマートフォン  

Android版スマホでYouTube動画を視聴する場合、スマートフォンの本体を傾けた時に画面が連動して回転する「自動回転」機能によって横幅を大きくすることができます。

 

ユーザーは端末の設定で、画面回転のオン・オフの切り替えが可能ですが、もっと簡単に行うために通知パネル内の制御ボタンからであればアプリを起動していても切り替えができます

 

 

 

 

 

 

 

 

端末の設定から自動回転を設定する方法

端末から自動回転の設定方法は次の手順です。

 

画面上部から下方向へスワイプして通知パネルを開きます。

次に「クイック設定ツール」を確認し、「画面の回転」が点灯していれば自動回転がオンの状態であり、消灯していればオフの状態なのでここで操作して切り替えを行いましょう。

なお、この「通知パネル」では、他にも「Wi-Fi」「Bluetooth」「機内モード」など、頻繁に使用する機能のオン・オフをショートカットで設定することができます。

 

YouTube動画を全画面表示で視聴する場合

また、YouTubeを視聴する時にこの自動回転のオン・オフにより設定できなくても、アプリ版YouTubeの中の「全画面表示(フルスクリーン)」の機能から画面全体に動画を映すことが可能です

YouTubeアプリの再生枠の右下にある四つ角を「」でくくられたアイコンがあるので、そこをタップすると全画面モードに切り替わります。

 

仮にスマホの自動回転をオフにしていても、ここから全画面表示にすれば動画は画面全体に表示されます。

ただし、Android版Chrome・Android版Firefoxなどのブラウザアプリで再生している時は全画面表示にならない可能性が高いので注意しましょう。

 

・全画面モードを終了させるには?

全画面表示から元の表示に戻すためには、同じ四つ角を反対の向きの「」でくくられたアイコンをタップすると全画面モードは終了します。

 

モバイルサイトで全画面表示にしたい場合

モバイルWebサイトから全画面モードで視聴する場合には、動画プレーヤーをタップし、その下にある左上と右下それぞれの方向に向かう矢印のアイコンをタップすると全画面で表示されます。

 

・全画面モードを終了するには?

全画面モードを終了する場合には、同じく動画プレーヤーの下にある左上と右下の反対の方向に向かう矢印のアイコンをタップすれば完了です。

 

普段表示されていても全画面表示の時には消えるバー

なお、スマホ画面の上下に常に表示されている「ステータスバー(ツールバー)」や「ナビゲーションバー」と呼ばれるメニューバーは、スマホ本体の状態を確認する上で大切な部分です。

 

これらのバーがあると全画面表示で動画を再生した時やゲームをしている時に邪魔だと思うかもしれませんが、このような場合には隠れるようになっているので安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの誤作動!勝手に画面が動きだす「ゴーストタッチ」はなぜ起きる?

  • スマホのプラン比較について考えたいこと

  • 格安?auやドコモでも利用可能?「simフリーガラケー」徹底解説

  • 次世代モバイル通信「5G」と新規格「Wi-Fi 6」の持つ可能性を検証

  • スマホのルーター設定は難しくない

  • 格安SIMへ乗り換えするときのLINEの引継ぎ方法