1. TOP
  2. 海外用Wi-Fiのレンタルについて考慮したいこと

海外用Wi-Fiのレンタルについて考慮したいこと

海外通信事情  

1.海外用Wi-Fiの扱い

 Wi-Fiと言えば、今や若者だけでなくどんな世代の人でもその単語を聞いたことがあると思います。Wi-Fiはガラケーでは、それほど関係の深くなかった通信の形ですが、スマホの普及率がガラケーを上回っている現状では、固定回線を引いている方でも有線LANで使用しているケースはかなり少なくなっています。また、街を出歩いてWi-Fi機能をONにしておくと、アクセスに制限が掛かっている場合が殆どですが、必ずどこかの電波を拾うことができます。海外用Wi-Fiでもその定義や使い勝手は変わりません。しかし、海外用Wi-Fiの事業者はよく調べる必要があり、現地に行ってから契約するとなると精神的にも金銭的にもかなりの苦労を味わうことが予想できます。その為、ここでは海外用Wi-Fiのレンタルについて焦点を当ててみます。

2.海外用Wi-Fiとレンタル業者

 基本的に海外用Wi-Fiレンタルを取り扱っている業者は、国内のWi-Fiのレンタルを扱っている業者よりも少数の為、その金額やサービス内容を見比べ易いのが特徴です。また、契約状態がレンタルという形式の為、とりあえず少しの間使用するという使用方法が可能であり、期間的な制限はレンタルの期日まではありません。その為、レンタル品の返済が遅れるなどのケースがない限りは、高額な請求費になることもありません。
また、海外用Wi-Fiの契約は現地でも行うことが出来ますがお勧めはしません。国内で契約できる海外用Wi-Fiを取り扱っている企業は調べれば料金までわかりますし、レンタルという制度も日本国内で行ってから海外に行くことが可能だからです。また、もし、海外に持っていくのは携帯電話のみでいいと思ってもそのままの契約で海外に行ってしまうと、現地の事業者の電波を契約なしで使用することもある為、非常に高額の請求がされることもあります。ちなみに、日本の大手携帯会社であるdocomo・au・softbankの海外サービスは、海外用Wi-Fiのレンタルはなく、海外用のプランが携帯電話に設定できるのみです。安心感はありますが、パケット料金に関して言えば非常に割高であるということを忘れないでください。自分のニーズと使用用途に合わせて、通信機器は契約するものだということを意識しましょう。

3. 海外用Wi-Fiのレンタルの立ち位置

 海外用Wi-Fiのレンタルは、1ヶ月の費用からすると通常の契約を行うよりも割高です。しかし、2年契約の上、2年未満で契約解除をする場合の解除料や解除した段階で本体代金がそのまま口座から引かれていくことを考えると、わざわざ2年契約を結ぶ必要は限りなくメリットが薄いと言わざるを得ません。また、携帯電話のみが海外に対応しているよりも、海外用Wi-Fiを持ち歩き必要な場合に使用していくというスタイルの方が使い勝手はよいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハワイにおけるルーターとチャンネル設定について

  • オーストラリアでSIMを利用するための準備と方法

  • ハワイにおけるスマホとガラケーでの料金対策

  • 中国移動通信の料金について

  • チャイナモバイルとsoftbankに関係性はあるのか

  • ハワイで携帯を利用する場合のサービスについて