1. TOP
  2. 海外の電波が悪い場合に考えたいこと

海外の電波が悪い場合に考えたいこと

海外通信事情  

スマホの使用者は、年々増加しており、2台持ちの方も世界で見れば決して少なくはありません。しかし、スマホの利用者が多数居るといっても、スマホは環境に左右され、電波の入り具合などは契約する業者を間違えてしまえば、改善することは個人では不可能です。また、日本国内においては、よほどの辺境でなければ3大携帯事業者であるdocomo・au・Softbankであれば、繋がりますが海外ではどのような電波環境になるのでしょうか。ここでは、海外にて電波が悪い場合の対処法について焦点を当てていきます。

1.電波と地域

携帯電話にとって電波は性能よりも重要なものです。携帯端末に限らず、ネットワーク機器は電波を拾うことが出来なければ製品の存在意義すら薄れると言っても過言ではないでしょう。ネットはもちろん、メール・通話まで電波が与える影響は非常に多大なものです。また、海外においてもそれは変わりません。日本では携帯端末といえば、docomo・au・Softbankが筆頭ですが、海外では名前が違うだけで日本と同じようなシェア争いが行われており、現地に行かなければ実際にどれほどの速度で通信できるのか、電波はちゃんと入るのかさえ分からないような場所も少なくありません。そのため、海外渡航前にはポケットWiFiやレンタルサービスなどを利用することも視野にいれて事前の対策を行いましょう。

2.海外において電波が悪いということ

海外において、電波が悪い場合の対処法としては、電源を切って入れなおす、ポケットWiFiや携帯電話をレンタルするなどの方法が有効です。電源を切って入れなおすことは、新しく電波を拾いなおすことになる為、圏外などといきなり表示された場合にはこの方法で改善することがあります。また、国際的に観光客の多い国では、空港でWiFiなどを貸し出すサービスも展開されており、事前に契約しておかなくてもレンタルサービスで困ることはないでしょう。また、何故、グローバルサービスよりもレンタルがおすすめなのかというと、料金が圧倒的に異なるからです。日本における携帯会社のグローハールサービスは、控えめに言っても安価とは言えず、場合によっては現地で使用する際に電波が拾えないことも稀にあります。もちろん、ハワイ、アメリカ、グアム、韓国、香港、欧州諸国であればWiFiを使用できる場所が多々ある為、電波が悪くてしようするたびに苦痛に感じる場合はWiFiスポットを探すのも1つの方法です。海外の電波環境は、個人では中々改善できません。しかし、利用するサービスを変更するだけでかなり使い勝手が異なることも少なくありません。もし、海外に渡航し電波状況に困った場合は、現在のサービス内容を見つめなおしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 海外用の携帯レンタルについて考慮したいこと

  • 海外の電波の速さについて考えたいこと

  • ハワイにおいてスムーズにスマホの機種変更するための準備

  • 中国電信のSIMについて

  • グアムの通信料の相場について考えてみる

  • ホノルルで歩きスマホをすると罰金!具体的な内容も紹介