1. TOP
  2. auでeSIMは使えるのか? 設定方法も合わせて徹底解説!

auでeSIMは使えるのか? 設定方法も合わせて徹底解説!

スマホを使う時に欠かせない「SIM」の次世代規格「eSIM」

少し前までは大手キャリアで利用できないこともありあまり普及していませんでしたが、近年よく耳にするようになりました。

この記事では、eSIMについてご紹介するとともに、大手キャリアのauでeSIMが使えるのかについても詳しく解説していきます。

 

eSIMとは

「SIM」は一般的にSIMカードと呼ばれるもので通信機器(スマホやタブレット)に挿入されているカードのこと。

SIMカードには電話番号やキャリアの契約プラン情報などが書き込まれていて、持ち主・使用者(ユーザー名)を明確にしています。そうすることによって、契約しているプランをスマホで利用できるのです。SIMカードはスマホのようなデータ通信サービスには欠かせません。

eSIMは「embedded SIM」の略です。embeddedは「埋め込み」の意味を持ちます。

通信機器本体にSIMカードが組み込まれているため、SIMカードの取り外しの必要がありません。

また、SIMの場合、キャリア(携帯電話事業者)を変えるときSIMカードを差し替える必要がありますが、eSIMは「通信経由」で情報を書き換えて契約先を変えることが可能です。

eSIMを利用することで、利用者は以前よりも手軽に契約先やモバイル通信サービスのプラン内容を変更することができるのです。

 

eSIMを使うメリット

今後の展開が期待されている「eSIM」は、スマホ利用者に嬉しいメリットを与えてくれます。

「eSIM」を使用することでどのようなメリットが得られるのかを確認しましょう。

 

アナログ的な手順が省ける

これまで携帯電話の機種変更やMNP(ナンバーポータビリティ)、海外旅行のときはSIMカードを入れ替える必要がありました。

特に海外旅行では、現地のSIMを挿入している間に日本のSIMカードを紛失してしまうといったトラブルが起きることも少なくありません。

物理SIMとは異なり、eSIMはSIMの入れ替えをしなくてもOK

SIMトレイを引き出してカードを挿入したり、SIMカード取り出しツールなどの小さな道具を携帯したりするといったアナログ的な手順を省くことができるのです。

これにより、入れ替えによる手間、SIMカードの紛失問題がなくなります。これは利用者にとって大きなメリットでしょう。

 

海外で日本のキャリアプランより割安なモバイルデータが簡単に利用できる

eSIMは、利用者自身で「携帯電話の情報を書き換える」ことが可能です。自分で情報の上書きができるため、自宅や出先でのキャリア変更を手軽に行なうことができます。

つまり、海外旅行ではすぐに現地のモバイルデータ通信(モバイル回線)を利用設定することも可能ということ。日本のキャリアプランよりも他社の割安なモバイル通信プランを利用できますし、現地のSIMを購入する必要もありません。

各国の通信事業者の回線を利用できるという点は、海外に行く機会が多い方にとって魅力的なメリットといえるでしょう。

 

モバイル回線を二重化できる

eSIM対応モデルのデバイスのほとんどが通常のSIMカードスロットも搭載しているので、それぞれに異なる回線契約情報を持たせることができます。

つまり、1台のeSIM対応端末で異なる携帯電話会社の回線を2つ併用することが可能ということ。たとえば通常のSIMカードの方はキャリアのNTTドコモと契約し、eSIMの方は格安SIMのUQモバイルと契約するということもできます。

モバイルネットワークを二重化できれば通信障害にも対応できますし、組み合わせによっては月々の使用料を安くすることもできるでしょう。

ただし、eSIMプロファイルを削除すると再発行が必要になってしまう可能性もあるので、使い方には注意が必要です。

 

auでもeSIMを利用できる!

2021年8月26日より、auでもeSIMを使用することができるようになりました。

 

eSIM対応機種(スマホ)

auが発行するeSIMで使えるeSIM対応スマホをご紹介します(2022年6月現在)。

 

  • iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro MAX、iPhone 13、iPhone 13 mini
  • iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MAX、iPhone 12、iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第3世代)、iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • Google Pixel 6
  • Google Pixel 5
  • OPPO Reno 7A OPG04
  • AQUOS sense6s SHG07
  • AQUOS wish SHG06
  • AQUOS sense6 SHG05
  • AQUOS zero6 SHG04
  • Xperia Ace III SOG08
  • Xperia 1 IV SOG06

 

auでeSIMを利用するために確認しておくこと

eSIMへの切り替えについて、そこまで難しいことはありません。ただ、下記のことをチェックしておく必要があります。

  • eSIMで使おうと思っている端末がeSIM対応機種であること
  • SIMロック解除をしている、もしくはSIMフリー端末であること
  • eSIMの設定にWi-Fi接続が必要になる可能性があること
  • 端末でQRコードを読み込む方法を知っておくこと
  • SIMカードからeSIMへ切り替える場合は【9:00〜21:15(電話での回線切替の場合は20:00まで】の時間でしか申し込みを受け付けていないこと
  • eSIMで使える料金プランは限られていること

 

また、下記についても事前に理解しておくと良いでしょう。

  • eSIMプロファイルを誤って削除してしまったら店頭で再発行しなければならない(事務手数料2,200円)
  • eSIMを物理SIMに戻す場合も店頭に行く必要がある

 

現在auユーザーの方がSIMカードをeSIMに切替える方法

実際にauのスマホでSIMカードからeSIMに切り替えて使うのはどうすれば良いのか、その方法を解説していきます。

 

auのeSIM発行手数料について

auを現在お使いの方がnanoSIMからeSIMに交換する場合、「My au」から手続きを行うと無料です。店頭で切り替えの手続きをすると、事務手数料で2,200円かかりますのでご注意を。

eSIMはせっかくオンライン上で手続きが完結するSIMですから、できればオンラインで切り替えることをおすすめします。

プロファイルをダウンロードした後に誤ってeSIMを削除してしまうと、再発行手続きに同じく2,200円が必要になります。誤って削除しないように気をつけてくださいね。

 

eSIM発行手順

auユーザーの方で現在お使いのSIMカードをeSIMに切り替えようとしている方は、eSIM購入をせずにすぐに設定することができます。

 

  1. My auアプリを起動
  2. 【ご契約回線詳細】画面の下部にある「eSIM再発行」を選択
  3. 【eSIM再発行】画面が開くので契約中の回線を選ぶ
  4. 「契約内容のご確認方法をお選びください」と出るので「My auで確認」を選択し、【eSIM再発行を申し込む】をタップ
  5. 申込書番号が発行されるのでメモする

 

オンライン回線切替手順

  1. 「携帯電話(個人)オンライン回線切替のお手続き」へアクセス
  2. 用意するものを確認し【SIM・eSIM交換のお客さま】をタップ
  3. STEP4まで確認をし入力(STEP4の申し込み番号にはeSIM発行手順⑤でメモした申込書番号を入力)し、【入力内容を確認する】をタップ
  4. 【お客さま情報確認】画面で入力内容を確認し、間違いがなければ「送信する」をタップ

 

申込書番号を忘れた場合は、My auの登録情報変更履歴(お手続き履歴)から確認が可能です。

 

eSIMプロファイルの設定方法(iPhoneを利用している場合)

  1. スマホを再起動する
  2. Wi-Fiにつなぐ
  3. My auアプリを起動
  4. ホーム画面にある【eSIMプロファイルをダウンロード】をタップ
  5. 【eSIMプロファイルダウンロード】画面にある【eSIMプロファイルをダウンロード】をタップ
  6. 【モバイル通信プランのインストール】で【続ける】をタップ
  7. 【モバイル通信プランを追加】で【モバイル通信プランを追加】をタップ
  8. 【モバイル通信プランの名称】でわかりやすい名前を自分で自由に入力【続ける】をタップ
  9. 【デフォルト回線】で追加したeSIM(さっき自分で設定した名称の方)を選択し【続ける】をタップ
  10. 【iMessageとFaceTime】で利用するSIMとしてeSIMを選択し【続ける】をタップ
  11. 【モバイルデータ通信】で利用するSIMとしてeSIMを選択、「モバイルデータ通信の切替を許可」はオフにして【続ける】をタップ
  12. eSIMによるデータ通信が始まりますが、もし始まらなかったら再起動
  13. 発信テスト用番号(111)で電話をして

 

auでeSIMに切替えるとAndroidのauメールアプリ・iPhoneのメッセージアプリ(MMS)は翌日からしか利用できないので、ご注意を。

 

auのeSIMをデュアルSIMとして利用する方法

SIMカードをeSIMに切替えるのではなく、au回線はSIMカードで、eSIMは別の通信事業者で、デュアルSIMとして2つの回線を利用したいという時は手順が異なります

その場合も「3-2 auでeSIMを利用するために確認しておくこと」は必ず確認しておくようにしてください。

auのeSIMに情報の「書き込み」を行っていきましょう。書き込みの方法は難しくありません。デュアルSIMとして利用したい端末で、auが用意している「QRコード」を読み取るだけで書き込むことができます。

 

  1. au公式サイトでの検索バーで「eSIM開通手続き」と検索
  2. 【eSIM開通手続き】ページにアクセス
  3. 開通手順であてはまる端末をタップ
  4. 同じページをスクロールし【QRコード読み取り】をタップ
  5. 表示された手順にある「プロファイルダウンロード用URLを確認する」をタップ
  6. QRコードが表示されるので、実際eSIMを利用する端末で読み取る

 

auでもeSIMを利用してみよう!

設定方法を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

文章で読むと少し手順が多いように感じるかもしれませんが、実際に行ってみるとあっという間に切替えることができますよ。

eSIMを活用したeSIM用料金プランも今後増えていくでしょう。注意点をよく確認しつつ、一度利用してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの名義変更の際必要な書類を簡潔に紹介!

  • 格安?auやドコモでも利用可能?「simフリーガラケー」徹底解説

  • キャリアごとのSIMカードの互換性を確認しておこう!

  • ワイモバイルでiPhoneを使用する際に考慮したいこと

  • 左手にスマホの「ながらスマホ」の危険性とは?

  • ガラケーからスマホへ連絡先などのデータを移行する方法とは?