1. TOP
  2. 携帯電話とスマートフォン、SIMロック解除条件について

携帯電話とスマートフォン、SIMロック解除条件について

1.ソフトバンクのSIMロック解除条件

通信大手キャリアのソフトバンク、au、docomo等のSIMロック解除の条件が2017年8月1日から一部変更となることを知っていますか。SIMロックの解除後にできる事としては、例えば、海外に旅行に行く際に現地のSIMカードを使える、様々なSIMカードを利用する事が可能となる、などユーザーに対するメリットは少なくありません。では、ソフトバンクのSIMロック解除条件から見ていきましょう。ソフトバンクの場合、従来は分割払いで購入した端末のSIMロック解除は購入後181日目(180日目以降)からでしたが、2017年8月1日以降は、80日短縮され101日目(100日目以降)からSIMロック解除ができます。現在は不可能ですが、2017年12月1日からは、端末を一括払いした場合にはすぐに手続きが可能になります。分割払いをしている人の場合は残債を全て精算した時に、支払いが完了した事を確認できないと手続きができないため、注意が必要です。また、旧端末でSIMロック解除を行ってから新端末に買い替えると、旧端末でSIMロックの解除を行った日付から101日目から新端末でSIMロックの解除が可能となっています。ちなみに、ソフトバンクの解約後でも90日以内であれば最寄りのソフトバンクショップでは、3,000円でSIMロックを解除することが可能です。手続きは契約した本人しかできません。

2.auのSIMロック解除条件

auもSIMロックの解除条件が2017年8月1日から一部改訂され、従来はSIMロックの解除が181日目からしか出来ません。しかし、解除条件の緩和により、101日目からできるようになり、期間が大幅に短縮されたという状況です。また、auの場合は2017年12月1日より端末を分割払いで購入するか、一括払いの支払いが行われた事を確認できた時にはSIMロック解除の手続きができます。旧端末でSIMロック解除をしてから新端末に買い替えた時は、旧端末でSIMロックの解除をしてから101日目からであれば新端末でSIMロックの解除が可能となっています。この条件はsoftbankと同様です。そして、auを解約した端末は、SIMロック解除の手続きを契約した本人以外でもauショップで3,000円の手数料を支払えば行う事が可能です。

3.docomoの場合の対応

docomoは2017年5月24日から、端末購入後101日目からであれば、端末のSIMロック解除ができるという契約内容に歩変更されています。旧端末でSIMロック解除を行い新端末に買い替えた際には、旧端末でSIMロック解除を行ってから101日目からであれば、新端末でのSIMロックの解除が可能です。SIMロック解除に関しては、端末の分割払いを精算した場合や、端末を一括で購入した場合、これらの支払いの完了が確認できた時点で手続きを開始することが可能です。なお、docomoを解約した場合は、解約した日から100日以内であれば、解約した本人だけがSIMロック解除の手続きを行なうことが可能です。大手3社のSIMロック解除条件は、会社によって違いますので特に格安SIMへの乗り換えを検討している方は気をつけて契約して行きましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの名義変更の際必要な書類を簡潔に紹介!

  • 防水・防塵機能の格安simフリースマホを比較!おすすめ5選ご紹介

  • スマホにおける容量とは端末の能力の一部

  • 日本国内でeSIM対応プランを提供するキャリア・MVNOはある?

  • 【SIMカードmicro】カッターでカットしてnanoにする方法

  • 自分に合ったスマホの選び方