1. TOP
  2. スマホをルーター代わりにする【テザリング】の方法&注意点を徹底解説!

スマホをルーター代わりにする【テザリング】の方法&注意点を徹底解説!

 2017/07/13 携帯電話・スマートフォン  

「出先でパソコンやタブレットなどを使ってインターネットを利用したいときに、「公衆のWi-Fiアクセスポイントが近くにない」「モバイルWi-Fiルーターを持っていない」と困った経験はありませんか?

そんなときにおすすめなのが、スマートフォンをWiFiルーターの代わりにして、パソコンやタブレットをインターネット接続させる「テザリング」という方法です。

スマホを使ってテザリング接続さえできれば、Wi-Fi接続環境がない場所でも端末をインターネット利用することができます。

この記事では、スマホをルーター代わりにする方法や注意点などを紹介していくので、是非参考にしてみてください

 

スマホをルーター代わりにする3つの接続方法

スマホをルーター代わりに使う「テザリング」とは、スマホのパケット通信を利用して他機器をインターネットに接続することです。

スマホの電波が届くエリアであれば、どこでもインターネット共有ができるので、外出先でテザリングを使ってパソコンやタブレット、ゲーム機を気軽にインターネット利用することができます。

そんな便利なテザリングには3つの接続方法があります。

順番に紹介していきましょう。

 

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリングとは、スマホの通信回線をWi-Fiで他のデバイスにシェアする機能です。

Wi-Fi機能のある機器であれば、ほとんどのものがこの方法でスマホのデータ回線を共有させることができます。

Wi-Fiテザリングは、もっともスタンダードなテザリング接続方法といえるでしょう。

ただし、インターネットの通信速度はスマホが契約している回線速度に依存しますので注意が必要です。

 

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングとは、スマホの通信回線をBluetoothを使って他のデバイスにシェアする機能です。

Bluetoothテザリング機能が搭載された機器のみインターネット共有ができ、Wi-Fiテザリングよりは対応機種が少なくなっています

また、Wi-Fiテザリングよりも速度が遅い傾向にあり、通信距離も短い傾向にあります。

その反面、スマホ本体のバッテリー消費がWi-Fiテザリングよりも抑えられるというメリットもあるので、使用用途によって上手に利用すると便利でしょう。

 

USBケーブルテザリング

USBケーブルテザリングとは、スマホの通信回線をUSBケーブルと直接繋ぐことによって他のデバイスにシェアする機能です。

他の接続方法とは違い、USBテザリングは有線での接続なので通信距離もケーブルの長さだけということになります。

ケーブルによる接続なので通信速度は速くて安定するというメリットはありますが、USBテザリングに対応した機種は少なく、実質的にはパソコンのみに対応した接続方法です。

 

 

スマホをルーター代わりにする設定・利用方法

それでは実際にスマホをルーター代わりにする方法を紹介していきましょう。

今回は、もっともポピュラーで対応機種が多い接続方法であるWi-Fiテザリングの設定・利用方法を紹介します。

iPhoneとAndroidスマホ、それぞれのやり方を順番にみていきましょう。

 

iPhoneでテザリングする場合

まずはルーター代わりになるiPhone本体側のテザリング設定方法から紹介します。

  1. 「設定」アプリの「Wi-Fi」をONにする
  2. 「設定」アプリの「インターネット共有」をONにする
  3. インターネット共有」画面で「パスワード」と「自分のiPhoneの名前」を確認

 

そしてインターネット接続する側のテザリング利用方法は以下のようになります。

  1. 接続する機器のWi-Fi設定を開く
  2. ネットワーク先候補に先ほど確認した「自分のiPhoneの名前」が出てくるのでクリックする
  3. 先ほど確認した「パスワード」を入力する

 

Androidスマホでテザリングする場合

ルーター代わりになるAndroidスマホ側のテザリング設定方法は以下のようになります。

  1. 「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」→「Wi-Fiアクセスポイント」と順番に選ぶ
  2. 「OFF」と表示されていれば「ON」に切り替える
  3. アクセスポイント名を確認する
  4. パスワードは黒点で表示されているのでタップして確認

 

インターネット接続する側のテザリング利用方法は以下のようになります。

  1. 接続する機器のWi-Fi設定を開く
  2. ネットワーク先候補に先ほど確認した「アクセスポイント名」が出てくるのでクリックする
  3. 先ほど確認した「パスワード」を入力する

 

スマホをルーター代わりにするときの注意点

スマホを手軽にルーター代わりにできるテザリングですが、使用する際には事前に注意点やデメリットを把握しておく必要があります。

これからテザリングを使うという人は、次に紹介する注意点をよくチェックしておくようにしましょう。

 

通信制限がかかる可能性がある

テザリングはスマホの回線を利用してインターネットに接続しているため、テザリングをすればするほどスマホのデータ通信量を消費します。

パソコンやタブレットを使用した長時間の動画視聴や大容量ファイルのダウンロードなどは、普通のスマホの通信よりも激しくデータを消費する恐れがあるのです

スマホをパソコンにテザリングしたまま、自宅の光回線に接続しているときのような使い方をしてしまえば、あっという間にスマホの通信制限がかかってしまうでしょう。

そうなれば、余計な通信料を支払うはめになってしまうかもしれません。

テザリングの使い過ぎには注意して、上手にデータ管理する必要があります。

 

バッテリー消費が早い

Wi-Fiテザリングによる接続方法は、常にスマホから電波を出し続けなければならないので、スマホ本体のバッテリー消費が非常に激しくなります。

何も気にせずにテザリングを使っていたら、いつの間にかバッテリー切れに…なんてこともあるでしょう。

そんなことにならないためにも、外出時にテザリングを使うときにはモバイルバッテリーを持参するようにしましょう

そうすることで、急用や緊急時にバッテリーの心配をせずに済みます。

 

ドコモは申し込み不要だがauとソフトバンクは申し込みが必要

テザリングは、スマホを持っていれば誰でも利用できるわけではありません。

自身が契約しているスマホの通信会社が、どのようにテザリングサービスに対応しているのかを確認しなければなりません

大手3キャリアでは、ドコモは申し込み不要、利用料金無料で利用できます。

しかし、auとソフトバンクは事前に申し込みが必要。契約しているプランによっては、別途オプション料金がかかる場合もあります。

格安SIMにおいても対応はさまざま。楽天モバイルやUQモバイルは標準サービスとして利用できます。

まずは自身のスマホ契約内容を確認してみましょう。

 

外出先でパソコンを利用するときはスマホをルーター代わりに使うのがおすすめ!

外出先でパソコンやタブレットを使うために、わざわざモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いていたという人も多いでしょう。

しかし、今回ご紹介したスマホのテザリング機能を使えば、もっと手軽に外出先でパソコンやタブレットを使えるようになるのです。

インターネット環境がないという理由で、いままで諦めていた作業や娯楽などがテザリングによって大きく変化する可能性もあります

テザリングは、注意点やデメリットをしっかりと把握して、賢く使っていくことがおすすめです。

 

 

まとめ

  • テザリングとは、スマホのパケット通信を利用して他機器をインターネットに接続すること
  • テザリング接続方法には、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBケーブルテザリングの3つある
  • テザリングの注意点として「通信量の使い過ぎ」「バッテリー消費」「契約プラン確認」などがある

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【保存版】格安simキャンペーン比較サイトの見方

  • スマホのミラーリングを行う為に必要な機材

  • 外出時にスマホの電波が弱い原因とその対処法

  • 格安SIMとは?フリースマホとは?気になる機種変更の注意点を解説

  • スマホの電磁波と健康

  • インターネットでテレビを視聴する最強アプリ7選【無料アプリもあり】