1. TOP
  2. ポケットWiFiのデータ通信料と選択肢

ポケットWiFiのデータ通信料と選択肢

ポケットWiFi  

1.ポケットWiFiと料金

ネットワーク端末の中でもポケットWiFiの利用料金は、選択する業者によってかなり前後します。携帯電話などは、大手キャリアのdocomo・au・softbankであれば、話放題と2GBのパケットなら軒並み6000円前後の料金であり、横並びです。しかし、ポケットWiFiにおいては、docomo・ソフトバンクの料金は携帯電話の料金と変わらないほど高額であり、5000円以上となることも少なくはありません。また、ポケットWiFiにもデータの通信量をカウントする機能があり、スマホと同じく規定量に達した場合には通常の使用が困難なほど速度が低下するということも覚えておきましょう。

2.選択次第で料金は異なる

ポケットWiFiは大手キャリアのdocomo・au・softbankでも契約できますが、値段と通信量が見合うとは限らず、動画を視聴する方やアプリをプレイする方の場合、すぐに規定のデータ量まで達してしまう可能性が非常に高いと言えます。もっとも、頻繁にネットワークを利用するような機器やアプリなどにおいては、ポケットWiFiよりも光回線の方が適しています。
通信料を考えてみると、安価であっても3000円程度であり、この値段が変わったとしてもサービス内容で見比べる癖をつけるといいでしょう。例えば、WiMAXやワイモバイルの一部の機種では、3日間で10GBの通信容量を超えない限り通信制限が掛からないというものもあります。ワイモバイルやWIMAXと直接契約を結ばなくても取り扱っている業者は探せばいくらでもあるのが現状です。その為、「ネットが引きたい」と思った場合には、ポケットWiFiを契約するか、光回線を引くか、ケーブルテレビと契約するかなどの選択肢の中から自分のベストな答えを見つける必要があります。
また、ポケットWiFiでもそうですが、契約したいところが決まっているのであればネットの方がいいでしょう。店舗では自社サービスのゴリ押しというスタイルの販売員も少なくありません。その為、店舗やネットでの申し込みの差なども比較してみましょう。

3.自分のニーズをみたすものとそうでないもの

どんなサービスにもメリットとデメリットは存在します。しかし、ネットワーク端末におけるデメリットは今までの生活そのものを根底から変えるほどの影響力があります。逆に自分にあったサービスを見つけられれば、通信料金そのものを安価に抑えたうえで他のことに自分の資金を割くことも難しくはありません。その為、ネットワーク機器の契約はレンタルなども視野に入れたうえで何が自分にとってベストな選択なのかをある程度検討する必要があります。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポケットwifiの通信容量を比較!おすすめ速度制限解除方法ご紹介

  • 遅い!ポケットワイファイが繋がらない場合の原因と対処法を徹底解説

  • ポケットWiFiの通信量と立ち位置

  • Wi-Fiレンタルの現在の立ち位置

  • プリペイドSIMには有効期限や年齢認証ができないなど制限が多い?

  • docomoのポケットWiFiの料金について考えたいこと