1. TOP
  2. スマホのベンチマークを比較する意味はあるのか?

スマホのベンチマークを比較する意味はあるのか?

1.そもそもベンチマークとは、

ベンチマークとは、性能テストのことであり、このテストの数値が良ければ良いほどスマホの性能は高いとされています。スマホと一言で言っても、大きく分けてAndroidとiPhoneという種別の違いはかなり大きく、使い勝手でスマホを選んでも使用者にマイナスの要素が働くことは現在ではかなり少なくなっています。Android端末はiPhoneに比べてアプリなどで、ラグが生まれやすく、ゲームにおいての操作性は改善されたとはいえiPhoneの方がアプリを行うには適しているという状況は変わっていません。

2.値の意味と製品

ベンチマークで示される値にはそれぞれに意味があります。最新の機器でもそれほど高い数値が必ず示される訳ではない点に注意しましょう。PCなどでもそうですが、スマホにおける処理能力を決めるのは、CPUであり、このCPUの性能で端末の性能の大部分が決まってしまいます。また、RAMと言われるのは、メモリの容量であり、これも大きければ大きいほど能力が高く、複数の作業を並行して行ってもフリーズしたりすることが少なくなります。かつてのAndroid端末でフリーズが多かったのは、CPUの能力が低く、RAMの値も低かった為、動きが鈍いという結果になっていたと考えられます。
また、ベンチマークの比較でわかることは、能力の差ぐらいで、アプリなどのスマホの能力をフル活用するものでは意味がないものがとても多くなっています。つまり、端末の能力の高さは、ベンチマークの数値の高さである程度は知ることが可能ですが、その能力の高さがアプリや動画の再生などに役立つのかという点は実際に使用しない限り分からないということになります。もちろん、目安としてベンチマークはとても有用である為、数値の意味さえ覚えておけば、端末の能力を比べることはとても簡単だと言えるでしょう。

3.大きな差があるという状態が意味するもの

基本的にベンチマークでも、実際の使い勝手でも能力の高さはかなり重要であり、数値が示す能力の値は参考の情報としてとても有用です。しかし、実際の使い勝手は異なることもある為、ベンチマークの値が気になる方は、ありとあらゆるスマホをネット上で検索すると、必ずベンチマークや処理速度などの詳細が比較されているので、それらを調べてから購入するというのも1つの方法です。また、ベンチマークはわかりやい指標ではありますが、そのベンチマークの示す値が全てではないことを忘れないでください。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キャリアの電波とユーザー

  • 【Android】スマホで出来る便利な使い方を紹介

  • 格安SIMは家族間を無料で通話するのにはむかない?

  • 迷っている人は必見!スマホのおすすめ【ブラウザアプリ】を徹底紹介

  • 【画面焼け】スマホ画面に残像が残る焼き付き現象とは

  • 【イオンスマホ】VAIO Phone Aの評判は?