1. TOP
  2. エクスペリアの国内simフリー【xzプレミアム】がおすすめの理由

エクスペリアの国内simフリー【xzプレミアム】がおすすめの理由

 2021/07/26 携帯電話・スマートフォン  

日本製のスマートフォンといえば、Xperia™(エクスペリア)シリーズをまず最初に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

初代エクスペリアが2008年に発売されて以降、10年以上もの間多くのユーザーに愛され続けてきた人気のスマートフォンです。

そんなエクスペリアをSIMフリー端末にすることで、よりお得に利用できるのをご存知でしょうか。

この記事では、SIMフリーエクスペリアの入手方法や実際に利用するまでの流れを解説します

また、おすすめSIMフリーエクスペリア機種「Xperia 5 II」についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

続々登場SIMフリースマホ

格安SIMカードの普及とともに、「SIMカードを差し替えてスマートフォンを利用する」という携帯端末の利用方法が広まりました。

まずは「SIMフリー端末」についてご紹介します。

 

SIMフリーとは

SIMフリーとは、「SIMロックがかかっていない状態」を指しています。

SIMロックの「SIM」はSubscriber Identity Module Cardの略で、日本語にすると「加入者識別モジュールカード」といいます。

SIMカードには、SIMカード番号といわれる回線契約や携帯電話番号、通信に使われる固有番号情報などが記録されており、加入者の識別に使われています。

SIMスロット内のカードを差し替えるだけで、違う端末でも同じ電話番号の利用が可能になるのです

しかし、au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアが販売する端末では、同じキャリアのSIMカードしか利用できないようになっており、これを「SIMロック」といいます。

たとえば、ドコモで購入した端末では、auやソフトバンクなど他のキャリアのSIMカードは使えません。

このSIMロックは、契約直後のSIMカード入れ替えによる、他の携帯電話会社への乗り換えリスクを防止する役割を果たしているのです。

ただ、購入時にSIMロックのかかった端末はずっとロックされたままというわけではありません。すべての機種ではありませんが、SIMロック解除機能をもっています。

これは、購入後の日数など、一定の条件を満たせばSIMロックを解除できる機能です。

このようにSIMロックを解除した端末、もしくは最初からSIMロックのかかっていない端末を「SIMフリー端末」と呼びます。

SIMロックの解除については、以下の関連記事もぜひ合わせてご覧ください。

 

simロック解除とは?手続き&設定方法・simロック解除コードについて

 

MVNOの登場

近年、大手キャリアの設備を借りて通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)が増えてきました。

MVNOが販売する格安価格のSIMカードを「格安SIM」格安SIMと携帯電話端末のセットを「格安スマホ」と呼びます。

MVNOは、大手キャリアの通信設備を借りているので、大きく分けて3種類。

「au系」「ドコモ系」「ソフトバンク系」に分けられます。たとえば

MVNO事業者名

対応キャリア

Rakuten Mobile(楽天モバイル)

docomo/au

Y!mobile

softbank

UQ mobile

au

LINE mobile

docomo/au/softbank

などが代表的なMVNO事業者です。

今使っているキャリアと同じ回線を利用する格安SIMであれば、SIMロックがかかった端末でも格安SIMを利用することができます。

しかし、契約したい格安SIMと今持っている端末の回線が同じとは限りません。

せっかく目当ての格安SIMを見つけてもSIMロックのために契約できないこともあります。

そのため、MVNOの普及とともに、回線を気にしなくてよいSIMフリー端末の人気が年々高まっているのです

 

SIMフリーのメリット

MVNOと大手国内キャリアを比較したときのメリットは次の3つです。

  • 月額利用料が安い
  • 2年縛りがない
  • 契約プランの種類が豊富

MVNOは大手キャリアの通信設備を借りているので、大手キャリアにくらべて設備コストがかかりません。

その分、月々の利用料金を抑えることができます。

最低利用期間が設けられている場合もありますが、大手キャリアのような「2年縛り」もなく、他社へ乗り換える際に違約金がかかりません。

「楽天よく使うから楽天モバイルにしたいな」「LINE頻繁に使うからLINEモバイルにしたいな」など、自分に合ったサービスが受けられる新たなMVNOが現れたときに、通信回線を考えずに簡単に乗り換えることも可能です。

また、音声通話の有無やデータ容量に細かく段階があり、自分に合った最適なプランで利用することができます

とくに、音声通話を使わずデータ通信もあまり利用しないという人であれば、MVNOにすることで月々の利用料金を大幅に安くすることができるのです。

SIMフリー端末であれば、SIMカードがどのキャリアの通信回線を気にする必要がありません。

海外旅行の際には、現地でSIMカードをレンタルして差し替えるだけで、簡単に自分のスマホを利用することもできます。

 

人気機種エクスペリア

日本国内のスマートフォン市場で最も人気があるの機種はiPhoneですが、そのiPhoneと同じくらい長く日本のスマホ社会を支えてきたのがXperia™スマートフォンです。

エクスペリアはなぜ長い間多くの人に愛されてきたのでしょうか。

 

エクスペリアとは

エクスペリアとは、ソニーの子会社であるソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が開発しているスマホやタブレット製品のブランド名です。

2008年に最初のエクスペリアが海外で販売され、2010年に国内版の販売が開始されました。

販売当初、Xperiaシリーズを取り扱ったのはドコモだけでしたが、今ではauやソフトバンクでも取り扱っており、今では3大キャリアすべてで購入することができます。

 

人気の理由

なぜXperiaスマートフォンは、日本でこれほどまでに人気があるのでしょうか。

それは、海外版エクスペリアが日本人向けに改良されていることにあります。

iPhoneなどの海外規格で作られているスマホにはない、ワンセグやおサイフケータイの機能が付いているのです。

「日本人が昔から慣れ親しんだ機能がスマホでも継続して使える」という点がユーザーの心を掴んだのです。

また、ソニーの技術と信頼という点も人気の理由として挙げられます。

壊れにくい・通話しやすい・快適に動くなど、基本性能がしっかりしているうえ、最新のソニーの技術を活かしたカメラ機能や音楽機能なども魅力です。

日本の大手電化製品メーカーの実績と信頼はユーザーに大きな安心感を与えてくれます。

ワンセグやおサイフケータイ対応といった日本ならではの機能に加え、カメラ機能や音楽機能の高さ、そしてソニーのブランド力がエクスペリアの人気の秘訣です。

 

【おすすめSIMフリーエクスペリア機種】5G対応「Xperia 5 II」が登場

お得にエクスペリアを利用するためにSIMフリー端末を購入しようと考えてはいるが、「一体どのXperiaスマホがいいの?」とお悩みの人もいるでしょう。

ここでは、2021年5月28日に発売されたおすすめのSIMフリー5Gスマホ「Xperia 5 II」を紹介します。

 

主な仕様

5G対応Xperia 5 IIは、ソニーの技術を結集して作られたハイエンドモデルをコンパクトボディーに詰め込んだ、次世代高速通信5G対応スマートフォンです。

ボディーサイズ

幅:約68mm
高さ:158mm
厚さ:8mm

重量

163g

本体カラー

ブラック

ピンク

ブルー

グレー

ディスプレイには、約6.1インチのフルHD+有機ELディスプレイが搭載されており、120Hzの駆動速度を実現できます。

本格的なカメラ性能も魅力で、約1,200万画素の標準カメラと超広角カメラ、望遠カメラのトリプルレンズを搭載。4K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影も可能です。

バッテリーは容量4000mAh。IP68の防水、防塵に対応。さらにおサイフケータイにも対応しています。

 

最新価格とキャリア版との比較

SIMフリー版「Xperia 5 II」と、SIMフリー版に先だって発売された国内キャリアモデル版との間では、性能に若干の違いがあります。

国内キャリア仕様から変更があった点は、ストレージの増加デュアルSIM対応です。

キャリア版のストレージ容量が128GBだったのに対し、SIMフリー版「Xperia 5 II」では256GBモデルが発売されました。

そしてSIMフリーならでは機能として、1台のスマホに2枚のSIMカードが入るデュアルSIMモデル(DSDS/DSDV対応)となっています。

ストレージが増えてデュアルSIM仕様となり、SIMフリー版「Xperia 5 II」はパワーアップしたといえるでしょう。

そんなSIMフリー版「Xperia 5 II」の新品の最新価格は、ソニーストア価格で114,400円(税込)です。

修理や交換に対応してくれるXperiaケアプランは年払い5,500円(税込)、月払い550円(税込)となっています。

家電量販店でも概ね同価格で販売されているので、安値で手にいれたい場合はキャンペーンを利用するか中古使用品などを購入する方法しかありません。

「Xperia 5 II」はまだ新しい商品なので中古でも美品なものが多いケースもあるでしょう。

 

SIMフリーエクスペリアの入手方法

SIMフリーのエクスペリアは、なにもソニーストア限定で販売されているわけではなく、さまざまな入手方法があります。

自分に合った入手方法を見つけるためにぜひ参考にしてみてください。

 

格安SIMで端末とセットで購入する

格安SIM会社と契約する際に、セットでSIMフリーのエクスペリアを購入することができます。

現在SIMフリーのエクスペリアを取り扱っているのは楽天モバイルSo-netイオンモバイルの3つの会社。

格安SIMに乗り換えて、さらにSIMフリー端末が手に入るので、一番手続きなどの面倒が少ない入手方法といえるでしょう。

 

キャリアで購入しSIMロックを解除する

ドコモなどの大手キャリアでエクスペリアを購入した後に、SIMロックを解除してSIMフリーエクスペリアにするという方法があります。

はじめからSIMフリー端末として購入したエクスペリア以外は、基本的に購入したキャリアでしか利用できないようにSIMロックがかかっているため、格安SIMを利用する場合はロックを解除しなくてはいけません

しかし、SIMロック解除には一定の条件が設けられており、購入してすぐ解除することができない場合があるため注意が必要です。

 

amazonなどネットショップで購入する

amazonなどのネットショップでも、SIMフリーエクスペリアを購入することができます。

ネットショップで購入したのちに格安SIM会社と契約すれば、問題なく端末を利用することが可能です。

ただし、ネットショップで出品された商品には、海外からの並行輸入品や中古の端末が多いので注意しましょう。

ソニーストアや格安SIM会社で購入する方が確実といえます

 

中古端末を購入する

リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどには中古のSIMフリーエクスペリアが安価で出品されていることも多く、安く手に入れたい場合は中古端末の購入もよいでしょう。

しかし、中古で購入した場合、盗難や紛失の申し出によってキャリア側が利用制限をかけている「赤ロム端末」である可能性があります。

その場合、端末に使用制限がかかっていて利用できないこともあるため注意が必要です。

 

SIMフリーエクスペリア端末を利用するまでの流れ

SIMフリーエクスペリアを手に入れるだけでは、その端末を利用することはできません。

携帯電話会社と契約して初めてエクスペリアを利用することができます。

最後に、SIMフリーエクスペリア端末を実際に利用するまでの流れを簡単に説明していきましょう。

 

エクスペリア端末とセットで契約する場合

まず、SIMフリーエクスペリアと格安SIMをセットで購入する場合の手続きについてです。

乗り換え先でも同じ電話番号を使用したいときは、現在契約中の携帯電話会社でMNP予約番号を取得する必要があります

電話番号が変わっても問題ない場合は、現在契約中の携帯電話会社との特別なやりとりは必要ありません。

そして、乗換先の格安SIM会社が販売しているエクスペリア端末で好みのものを選び、プランやオプションを決めたら、個人情報や支払い方法を入力して契約完了です。

ちなみに、店頭契約の場合は本人確認書類を提示、ネット申込の場合は本人確認書類を送信する必要があります。

契約が完了するとエクスペリアとSIMカードを入手することができ、端末の利用を開始できます。(ネット申込の場合は1週間~10日間程度かかります。)

 

SIMカードのみ契約する場合

SIMフリーエクスペリアをソニーストアや中古で購入した場合は、別途、格安SIM会社とSIMカードのみを契約する必要があります。

格安SIM会社と契約する流れは、上記で説明した端末とセットで契約する流れとほぼ同じです

本人確認書を用意して契約すればSIMカードがもらえるので、それをSIMフリーエクスペリアに差し込むことで問題なく利用することができます。

しかし、SIMカードのみの契約の場合、注意しなければいけない点が2つあります。

1つ目は、自身のエクスペリアがSIMフリーの状態であるかしっかりと確認することです。

万が一SIMロックがかかっている場合は、解除しなければ対応バンド以外で使用することはできません。

2つ目が、乗換先として検討している格安SIM会社で自分のエクスペリアが使用できるか確認することです。

その格安SIM会社によっては動作確認が済んでいない端末も存在するため、しっかりと自身のエクスペリアの動作確認がとれているのかを確認してから契約しましょう。

 

SIMフリーエクスペリアで快適なスマホライフを!

格安SIMの普及とともに、日本でも格安スマホ・SIMフリー端末への注目が高まっています。

面倒な手続きを避けて、今までは大手キャリアにすべてお任せしていたユーザーも、時代の変化とともに自分で考えてスマホの利用方法を選択するようになってきました。

SIMフリーエクスペリアにも当たり前のように5G対応モデルが誕生し、それに合わせて5G対応キャリアも今後どんどん増えていくでしょう。

時はまさにスマホ戦国時代。

わたしたちに出来ることは、常にアンテナを張ってさまざまな情報をしっかりと仕入れ、時代の流れに乗り遅れないことです

ぜひ自分に最適なSIMフリーエクスペリアを選んで、快適なスマホライフを楽しみましょう。

 

まとめ

  • SIMフリー端末であれば利用回線を気にすることなく格安SIMを使うことができる
  • 日本で販売されているエクスペリアは日本人向けに改良されていて人気
  • 「Xperia 5 II」はソニーの技術を結集して作られた5G対応SIMフリーエクスペリア
  • SIMフリーエクスペリアの入手方法は複数あるが海外輸入品や赤ロム端末に注意が必要
  • SIMカードのみ契約する場合はSIMフリー確認と乗り換え先の動作確認を忘れずに

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの画面が勝手に動く【ゴーストタッチ】とは?原因と対処法を紹介

  • 格安SIMは家族間を無料で通話するのにはむかない?

  • 格安simにSMSオプションが必要な理由とは?

  • SIMフリー端末を選ぶ際に重要なのは「キャリアの周波数帯」が重要!つながりやすい?高速?

  • スマホの再起動は必要なのか

  • ガラケーからスマホへ連絡先などのデータを移行する方法とは?