1. TOP
  2. docomoの電波は悪いのか

docomoの電波は悪いのか

1.docomoの立ち位置

docomoは、日本における携帯会社の中では3大事業者と呼ばれるほどの大企業です。iPhone参入の時期は最も遅く、au・softbankへユーザーの流入が見られましたが、現在ではスマホの国内シェアは半数近くがdocomoユーザーというアンケート結果まであります。また、ユーザー数の多さに比例して製品の質が安定しており、家族でdocomoを使用しているユーザーで電波状況などについては問題視されることがかなり少なくなっています。ちなみに、電波のエリアで比較するのであれば、docomoはauと同程度に広く、もし、この両者で全く電波を拾うことの出来ないエリアがあれば、ネットワーク端末は使用出来ない状況と認識して構わないほど電波の提供エリアは広大です。

2.docomo製品の電波について

docomo製品の電波については、特に遅いというエリアはあまりありません。しかし、auやsoftbankに比べると、どうしてもユーザー数の関係から速度が低下しがちです。場所によってはかなり数値が異なりますが、docomoの通信スピードの2倍ほどの数値が出る企業もあります。これについて言えば、docomoが最速の場所もありますが、エリア内での速度差は電波の強度の差である為、現在の速度から大きく改善するとすれば新しい電波の形式に変わった時のみでしょう。
また、ポケットWiFiの電波について言えば、つながりが悪いなどの悪評は少ないですが、料金としてはかなり他社に差をつけられており、都市部においてはWiMAXやワイモバイルなどのユーザーに対して売り込めるメリットを探すのがかなり難しいと言えるでしょう。長い間docomoユーザーである方には、それなりの割引サービスもある為、スマホとセットで回線もdocomoにするというご家族は少なくありません。そして、電波のつながり具合で言えば、大手3社の中では「使用に困る場面は少ない」という評価に落ち着き、家族で使用する場合を除いてスマホ・回線サービスは他社と比較した上で検討した方がいいでしょう。

3.docomoという会社

現在は別会社ですが、NTTとの関連性が社名にも残っており、根強いユーザー数を獲得しているのがdocomoという会社です。製品の質や電波に関しても数ある通信業者の中ではトップクラスであり、特に街中での活動におけるビジネスではかなり有用な製品とサービス内容になっています。オフィスでのネットワーク使用であれば、auとNTTのどちらのサービスを使用するかの二分化されることが多い為、電波の状況だけでなく料金的な面も含めて自分の契約内容を見直して行きましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ワイモバイルでおすすめされているスマホの機能面を比較してみる

  • 【Android】スマホで出来る便利な使い方を紹介

  • 【保存版】格安simキャンペーン比較サイトの見方

  • 携帯電話とスマートフォン、SIMロック解除条件について

  • Iphoneレンタルについて考えたいこと

  • プリペイド携帯の現状