1. TOP
  2. ハワイの不安定な通信環境はルーターで解決

ハワイの不安定な通信環境はルーターで解決

海外通信事情  

ハワイは、世界の中でも屈指の観光地であり、日系人も多く在住しており、日本人観光客も非常に多数の方が訪れています。
また、ハワイはアメリカ本土とは離れていますが、アメリカの一部であり、政治や法律はアメリカを踏襲しています。しかし、アメリカの通信環境とハワイの通信環境は異なり、アメリカで使用出来ていたものがハワイでは使用出来ないことも少なくありません。
アメリカの電波網は偏りがあり、使用出来る電波は地域によって限られてため、特定の会社のものしか使用できないこともあります。対して日本では、3大キャリアであるdocomo・au・Softbankの電波網でカバーできない場所は殆どありません。では、ハワイにおけるWiFiルーターの使い勝手はどのようなものなのでしょうか。ここでは、WiFiの仕組みからハワイの通信環境について焦点を当ててみます。

 

 

 

 

 

 

 

1.ルーターの仕組みは変わらない

携帯会社・SIM業者は全世界に点在しています。日本でもWiFiルーターを取り扱う業者は3大キャリアと格安SIM業者に別れますが、世界各地でも名前が異なるだけで日本と似たような状況になっています。WiFiルーターの仕組みは、受信・送信を電波ごとに行うものであり、地域による電波状況に左右されます。
WiFiルーターは、携帯キャリアでも契約可能ですが、価格的にメリットのある海外用ルーターは携帯キャリアでは契約出来ません。
また、キャリアの携帯電話そのもののグローバル設定はかなり割高であり、数日間ならまだしも長期の滞在には向かず、レンタルサービスの方が安価となっているのが現状です。

 

2.ハワイの通信環境

日本と比較した場合、無料でも有料でもWiFiルーター以外の電波は不安定な場合が非常に多いと考えて良いでしょう。特に、WiFiルーターも送受信を行うものですが、そういった機器を持たずに、ネットワーク端末を稼働させることは極めて困難なほど電波には期待できません。
そして、バスを利用するのであれば、特にWiFiルーターは必須であり、現地のバス時間の確認はアプリを利用しなければ把握することが困難です。
また、無料WiFiは少なくはありませんがセキリティ性は甘く、悪意のあるユーザーによる端末からの情報抜き取りは皆無ではありません。これは日本においても同じことが言えますが、海外における電波状況は現地に行かなければ不明な部分もあります。
特に辺境と呼ばれる場所でなければあまり気にする必要はありませんが、日本と同じように場所によって各社の電波の強度は異なります。その為、同一の地域でも使用する端末の能力や受信できる機器の違いによって通信速度には差が生じることもあることを忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 次世代SIM「eSIM」の普及で便利になることとは?

  • 海外用Wi-Fiについて考慮したいこと

  • 海外用SIMを購入する際におすすめの日本国内格安SIM

  • ハワイで携帯端末のインターネット通信を行う方法を考えてみる

  • グアムのiPhone通信事情を紹介!

  • ハワイでスマホ通信を使うために知っておくべきこと