1. TOP
  2. 【スマホ・PC】テレビがなくてもネットでテレビを見る方法を解説

【スマホ・PC】テレビがなくてもネットでテレビを見る方法を解説

テレビを持っていない一人暮らしの方も少なくないでしょう。テレビがなくても大丈夫とは思っていても、何か見たいなと思うこともありますよね。

ここではテレビがない方のために、スマホやPCでネットからテレビ番組を見る方法について解説します。テレビを買う予定はないけど、ちょっとした暇つぶしに番組を楽しみたいという方は必見です。

TVer(ティーバー)を利用する

民放テレビ局が連携し、各チャンネルの番組の見逃し配信を行っている「TVer」。

リアルタイムでの番組を見ることはできないものの、見逃し配信は配信後1週間ほど見ることができます。「あの番組、見たかったな」と思うときに便利です。
利用料は無料で、番組再生中に数回CMが入ります。動画の途中で見ることを止めてしまっても、続きから見られるレジューム再生機能も付いているので便利です。

地上波の番組すべてを見ることはできませんが、約150の番組が無料で見られるのはとても魅力的。番組を探してみれば見たかった番組がきっと見つかるでしょう。

 

Hulu・Amazon prime video・Netflix などのVODを利用する

国内でも利用者の多い動画配信サービス「VOD(Video On Demand)」でテレビ番組を見るという方法もあります。動画配信サービスでは地上波の見逃し配信をしているところもありますが、見逃し配信の他にVODオリジナルコンテンツを展開しているところもあり、バリエーションが豊かです。

VOD

動画配信サービスのVODは、Hulu・Amazon prime video・Netflix・U-NEXT・dTVなどたくさんの種類があります。

それぞれで見られる番組は異なり、1~2年前に放映された日本ドラマ海外ドラマ、さらに映画アニメも配信。また、TVerのように見逃し配信をしているところもあります。
VODオリジナルコンテンツを配信しているところもあり、オリジナルコンテンツはそのVODしか見ることができません。人気芸人たちが出演する番組も多いため、VODサービスを選ぶときはオリジナルコンテンツにも注目しておきましょう。

VODを利用してみる

VODの動画サービス利用は月額制であるところがほとんどです。月額料金はそれぞれで異なりますが、500~2,000円の範囲で利用できます。

TVerが無料であることを考えると有料には手を出しにくいかもしれませんが、有料だからこそ豊富な番組数を視聴できることもVODのメリットです。
また、ひかりTVのように専用チューナーを購入しなくてもいろいろな番組を見られるというメリットも持っています。

利用するには各VODに登録し、支払い方法を選択します。視聴までの設定方法はとても簡単で、完了すればすぐに番組を見ることができるようになります。
また、VODサービスはアプリもあるため起動も便利ですし、HDMIケーブルを接続すると画面ミラーリングができるため、テレビを購入すれば大画面で映像が楽しめます。

 

ニコニコ生放送・Abema TVなどのインターネット放送

地上波テレビに近いものに、ニコニコ生放送AbemaTVがあります。こちらは地上波と同じように、1日のタイムスケジュールに従って番組が放送されます。
放送されるのはそれぞれのオリジナル番組です。地上波と変わらない質の番組を無料で見ることができるため、ドラマや映画よりオリジナル番組が見たいという方におすすめ。

ニコニコ生放送では、人気の動画配信者が生放送をすることもありますので、ゲーム実況などの動画視聴が好きな方も楽しめるでしょう。

ニコニコ生放送は視聴者参加型の番組です。スマホやPCでコメントを打ち込むことで画面に表示されます。ニコニコ・AbemaTVともに基本は無料ですが、有料プランに入ることで無料版では見ることができない番組の視聴も可能です。

 

スマホ・PCを利用してインターネット経由でテレビを無料視聴する方法は危険

ここまでで紹介してきたテレビの視聴方法は、見逃し配信や月額制のVODといったものでした。ニコニコ生放送などリアルタイムで番組を放送しているものもありますが、いずれも電波放送の番組をリアルタイムで見ることはできません

しかし、スマホ・パソコンを利用して、インターネットから地上の電波を利用した放送方法の地上波番組を視聴するという手段もあります。無料で、しかもリアルタイムで見られるのは魅力的です。ただし、視聴方法はいずれも違法性が高く、PCやスマホなどのデバイスに危険が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。
LANケーブルを用いた有線、または無線LANを使えば簡単に視聴できますが、スマホやパソコンへの危険性を考えるとおすすめはできません

では、地上波の無料視聴にはどんな方法があるのかを見てみましょう。

日本電視台

日本電視台はフジテレビ、NHK、日本テレビなど地上波各局の放送をインターネット経由で視聴できる映像配信サービスのサイトです。スマートフォン・PC・タブレットから視聴することができて、利用料は無料。また、インターネット環境があれば日本国内だけでなく、海外からも日本のテレビ番組を視聴することができます。

スマホやPCから無料で地上波が見られるのは、視聴者からすればメリットの大きい視聴方法です。ただ著作権違反などの法律違反を犯していることから、サイト自体は違法サイトである可能性が高いでしょう。

風雲Live

風雲Liveも日本電視台同様、スマホやPCから地上波放送をリアルタイムで視聴できるサイトです。元は中国で作られたサイトですが、日本語版もあるため日本でも問題なく視聴できるようです。

無料でスマホなどから手軽に視聴できるのはありがたいことですが、やはり著作権などに違反していることから、こちらも違法サイトの可能性が大。テレビ番組を無料で提供しているとだけあって、スマホなどのデバイスにウィルスが感染する可能性も少なくありません。
どれだけメリットがあったとしても、スマホやPCを守るために利用しない方が良いでしょう。

NIJI

NIJIも日本電視台や風雲Live同様、リモコンにある全チャンネルの地上波番組をリアルタイムで見ることができるサイトです。
2つと異なるのは利用方法。
NIJIは公式サイトでのメールアドレスを登録する他、公式サイトからソフトをインストールすることで利用できます。
また、NIJIではWOWOWやCSデジタル放送(スカパー)と言った有料衛星放送も無料で視聴できます。

こちらのサイトも違法性が高いとされており、利用者の中には「PCの調子が悪くなった」という声もあります。地上波放送を無料で見られるというメリットの裏に、ウィルス感染という大きなデメリットが潜んでいるかもしれませんので、やはり利用はおすすめできません。

 

好みの方法でテレビを楽しもう

自宅にテレビがなくても、テレビ番組を視聴する方法はいくつかあります。リアルタイムで番組を見ることができるサイトは違法性が高いことからおすすめできませんが、見逃し配信などを行っている公式サイトなら安心です。地上波の過去1~2年の作品を一気に見られたり、オリジナルコンテンツを配信しているVODも、テレビのない方にとってはおすすめ。VODはどれを選ぶかによって視聴できる番組が異なるため、自分が好きなジャンルを豊富に取り扱っているVODを選べば、自宅でゆっくりしたいときに好きな番組や映画、ドラマを楽しむことができます。

テレビがなくても、スマホやタブレットでテレビを楽しむことはできます。好みの方法で安心・安全にテレビを楽しみましょう。

まとめ

  • TVerなら無料で見逃し配信を視聴できる
  • VODは月額制だが、見放題で番組数も豊富
  • ニコニコ生放送・AbemaTVはオリジナル番組をタイムスケジュールで放送中
  • 地上波をリアルタイムで見ることができるサイトは違法性が高い

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自分に合ったスマホの選び方

  • 防水・防塵機能の格安simフリースマホを比較!おすすめ5選ご紹介

  • 【ガラホでもLINEが使える】おすすめ格安SIMフリーをご紹介!

  • 【SIMカードmicro】カッターでカットしてnanoにする方法

  • 【イオンスマホ】VAIO Phone Aの評判は?

  • 格安SIMのスマホではメールアドレスはどうなる?