1. TOP
  2. いつでもどこでもネットテレビが視聴できるおすすめ最強アプリ15選

いつでもどこでもネットテレビが視聴できるおすすめ最強アプリ15選

 

スマートフォンひとつあれば、好きな時にインターネット上のコンテンツにアクセスできます。

テレビ番組もそのひとつ。ワンセグやフルセグ、ネットテレビなどさまざまな種類のテレビを見ることが可能です。

 

その中でも今回は「ネットテレビ」に注目。どんなものでどんな動画配信サービスがあるのか、ネットテレビの特徴を解説します。

 

ネットテレビ(インターネット放送・インターネットテレビ)を解説

 

ネットテレビ(インターネット放送・インターネットテレビ)とは、地上波放送などの電波放送と違い、インターネットにアップロードされているテレビ番組のこと。配信者側のサーバー(送受信用のコンピューター)にアクセスすることで視聴することができる放送サービスです。

 

テレビ局が無料で「見逃し配信」として運営しているものをはじめ、過去の放送番組を見られる有料のもの。レンタルビデオのように視聴できるものからネットテレビオリジナルの番組まで、さまざまなものが々配信されています。

 

最近は普通のテレビにも対応する機種が出てきていますが、対応している機種は多くありませんパソコンやスマートフォンなどで、ネットテレビにアクセスする方法が一般的です。

 

ネットテレビの視聴方法は2種類。ここでは、2つの視聴方法をご紹介します。

 

ネットテレビのストリーミング視聴について

 

ネットテレビの「ストリーミング視聴」は、動画(番組)の映像データを頭から順番に受け取って、受け取った端から再生する方法です。

待ち時間が少なく、すでに視聴した部分であれば巻き戻しもできます。視聴者側の端末(パソコン、スマートフォンなど)の記憶容量(HDDなど)もあまり使いません。

 

しかし、回線速度の影響を受けやすいので、通信状態が悪ければスムーズに再生されず、数秒から数十秒画面が停止する場合があります。データを受け取った順に再生するため、早送りはスムーズに対応しないでしょう。

 

もちろん、視聴中は常にインターネットに接続していなければなりませんので、携帯端末の場合通信量が膨れ上がることにもつながり得ます。

 

ネットテレビのダウンロード視聴について

 

ダウンロード視聴」は、あらかじめ動画のデータをすべて視聴者側の端末に保存してから再生する方法です。

あらかじめすべてのデータを保存しておくので、スムーズに再生できます。早送りや巻き戻しも自在で、ストレスなく動画を楽しめるでしょう。

再生する際はネットにつながっていなくてもいい(オフラインでもいい)ことから、自宅のWi-Fiでダウンロードすれば外出先でもストレスなく再生できます。

 

その代わり、すべてダウンロードが終わるまでは再生できません。保存するためには記憶容量に充分な余裕も必要です。

 

ネットテレビ見るなら!おすすめ最強アプリ5選

 

「ネットテレビを見たい!」という人におすすめ無料アプリ5つご紹介します。

基本的にはテレビでの本放送と同時または放送直後から視聴できるもので、会員登録なども不要なものばかりです。

 

GYAO!

 

Yahoo!が運営するネットテレビ映像配信サービスGYAO!」。知名度も高く、テレビCMも放送されているので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

本放送が終わった直後から、基本的には7日間の間は無料で視聴できます。有料会員になれば過去回も視聴することも可能。ドラマに強いのが特徴です。

 

AbemaTV

 

アメーバブログなどが有名なサイバーエージェントの運営するネットテレビ「AbemaTV」。地上波のテレビ同様に番組表があり、リアルタイムで配信しているため、一番「テレビを見ている」感覚に近いのがこのサービス(アプリ)です。

ジャンルも幅広く、ニュース、ドラマ、アニメ、スポーツなど、それぞれ専用チャンネルがあり、24時間たくさんの番組を配信しています。

 

見逃し配信などを見ようと思ったら有料会員になる必要があります。

 

TVer

 

在京民放主要5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)が共同で立ち上げた、見逃し放送の無料配信サービスTVer」。

2019年5月の時点では、上記の5局に加え毎日放送、朝日放送、読売テレビ、関西テレビの4局が加わり計9局のテレビ番組の最新話をチェックできます

 

お気に入りの番組や出演者個人をリストに登録できる機能特徴です。見逃す心配もありません。

 

TVer自体に過去回を見るサービスはないので、過去の放送が見たい場合は有料サービス(Paravなど)を利用することになります。

 

niconico ch

 

ニコニコ動画でおなじみの「niconico」のサービスのひとつ「ニコニコチャンネル」を利用するためのアプリです。

 

動画やブログなど、その他あらゆる形での情報発信の場となっています。「テレビだけを見たい」という人にはやや雑音が多いですが、動画に他の視聴者のコメントが流れるなど、楽しみ方を覚えれば他にない体験ができるでしょう。

 

少しテレビとは異なるかもしれませんが、使う人によって可能性が広がる動画サービスです。

 

ViMET(ビメット)

 

ViMET」はキーワードを選ぶことで、そのワードに合った動画を次々と再生していくアプリです。

もともとはTwitterやYouTubeで人気の動画だけだったのですが、現在はテレビ各局などと提携し、テレビ番組も視聴できるようになっています。

 

気に入る動画にあたるまでひたすらスキップする感覚は、テレビのチャンネルをザッピングする感覚に似ています。

 

見たい番組がはっきりしているときには他のサービスの方が手軽ですが、退屈しのぎや掘り出し物探しには良いかもしれません。

 

オリジナルコンテンツや映画を見たいならVOD(ビデオオンデマンド)

 

ネットテレビは主に録画忘れなどで見落とした番組を、次話放送までに見ておくために使うものです。

テレビでは見られないオリジナルのコンテンツや映画、アニメ、テレビ番組の過去回をまとめて見たいならVOD(ビデオオンデマンド)がおすすめ

 

VODは基本的に月額で見放題で、一部最新のものや人気のものなどは別枠課金で利用できます。

 

ほとんどのサービスが最初30日程度の無料期間を設けているので、各サービスを渡り歩いてお気に入りを見つけると良いでしょう。ソフト化しないオリジナルのコンテンツも楽しめます。

 

ここではおすすめのVODを5つ紹介します。

 

Hulu

 

VODという言葉を知らなくても聞いたことがある、高い知名度を誇る「Hulu」。

無料お試し期間は2週間と他のアプリに比べて短めですが、その代わり月額料金(933円)を払えば追加料金は発生しません。

 

アメリカが本拠地なためか海外ドラマに強く、オリジナル作品も多いのが特徴。ただ、映画の配信は他のVODより遅めです。

 

Netflix

 

同じアメリカ拠点で、よく上記Huluと比べられる「Netflix」。ただサービスは異なり、利用者の住み分けができている状態といえるでしょう。

 

共通しているのはHuluと同じく月額料金のみですべてのコンテンツを利用できる点です。3種類のプランがありますが、違うのは画質と同時視聴可能な端末数だけで、見られる動画に制限はありません。

 

登録されている動画の数は約4万と、他のVODに比べると多くありません。

テレビドラマやアニメ、映画のキャッチアップにはあまり向きませんが、Netflixにはオリジナル番組があります。Netflixのオリジナル作品は、ドラマ、アニメ問わず質が高いことで有名です。ドラマは海外のものが多いですが、Netflix JAPANの制作するオリジナルアニメは常に高評価です。

BSやCSなどと同じ感覚で利用することをおすすめします。

 

Amazon prime video

 

「Amazon prime video」は、言わずと知れた世界最大の通販サイトAmazonの提供するVODです。

 

月額課金+番組単位での課金となるので、VOD単体で見た場合のお得感はあまり高くありません。全体的に見て海外ドラマにやや強めな印象です。

 

ただ、Amazon primeは通販サイトAmazonでの優待サービス「Amazon prime music」での音楽配信など、ひとつの契約で異なる種類の恩恵を受けられるます。

そのため、通販サイトとしてAmazonをよく利用する人にはおすすめのVODといえるでしょう。

 

U-NEXT

 

USEN-NEXT HOLDINGSが運営するVODである「U-NEXT」。

見放題だけでも9万本、レンタルはさらに6万本あまりという、とにかく圧倒的なコンテンツ数と最新映画の配信開始の早さがウリです。

他のVODでは扱っているところの少ないアダルトジャンルも網羅しています。

 

また、追加料金なしで70誌余りの雑誌が読めたり、無料漫画が読めたりするので、動画を見るほどでもないくらいのちょっとした時間つぶしにも使えて便利です。

 

Paravi

 

TVerの項で名前が出てきたTVer提携のVOD「Paravi」。

TBS、テレビ東京、WOWOWで放送された番組のアーカイブが豊富なので、これらの局に興味がある方にはおすすめです。

 

見逃したドラマや番組を見たいならテレビ局のVOD(ビデオオンデマンド)

 

GYAO!やTVerのような統合的な見逃し配信サービスもありますが、各放送も自局のサイトで見逃し配信を中心としたVODを展開しているのです。

ここではテレビ局のVODを紹介します。

 

FOD(フジテレビオンデマンド)

 

「FOD(フジテレビオンデマンド)」は、フジテレビおよび衛星放送のBSフジの番組を見られるサービスです。

有料登録すれば広告がなくなり、過去番組の視聴ができるようになります。

 

TBSオンデマンド

 

「TBSオンデマンドは、」TBSおよびBS-TBSの番組を見られるサービスです。

定期的に過去の人気番組の無料配信もあります。有料会員になると、過去のドラマを見ることも可能です。

 

日テレオンデマンド

 

「日テレオンデマンド」は、日テレ系およびBS日テレの番組を見られるサービスです。

無料期間は原則放映後7日間ですが、ものによっては14日や、長いものでは1か月近く無料で解放されている番組もあります。

 

テレビ東京オンデマンド

 

テレビ東京の有料オンデマンド放送サービス「テレビ東京オンデマンド」。

Amazon prime videoNetflixとも提携しているため、どちらかを契約しているならこのサービスにこだわる必要はないかもしれません。

 

NHKオンデマンド

 

大河ドラマなどの国民的な番組や質の高いドキュメンタリーで一線を画するNHKのVOD「NHKオンデマンド」。

無料配信は少なめですが、国民的ドラマを見ることが可能です。見逃し配信を見るには1話108円で購入するか、月額972円ですべての見逃し配信を見放題にする必要があります。

 

ネットテレビも多様化時代

 

ネットでテレビが見られるコンテンツを紹介してきましたが、パソコンスマホでもテレビ番組が見られるようになりました。ネットのコンテンツが見られる時代環境。自分に合ったサービスを見つけるためには、無料期間を賢く使って実際に触ってみるのが一番です。

ぜひ、長い付き合いのできるアプリ・サービスを見つけてくださいね。

 

まとめ

  • テレビ視聴アプリは見逃し配信は基本無料
  • 過去作視聴にはに料金が発生するものがほとんど
  • オリジナルコンテンツや映画を見たいならVODがおすすめ
  • テレビ各局単位でのVODもある

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの名義変更の際必要な書類を簡潔に紹介!

  • スマホのルーター設定は難しくない

  • 通常のスマホとワイモバイルとの違い

  • スマホをWiFiのみで運用する時に考えたいこと

  • スマホの販売キャリアにおけるメーカーについて

  • eSIMとSIMの違いとは?auでの設定方法も合わせて徹底解説