1. TOP
  2. 海外通信事情
  3. ハワイでスマホ通信を使うために知っておくべきこと

ハワイでスマホ通信を使うために知っておくべきこと

海外通信事情  

旅行や仕事で海外を訪れた際、普段使っているスマホで通信ができたら便利ですよね。もちろん、ハワイではiPhoneやAndroid問わずスマホで通信をすることが可能です。ただし、正しい知識をもって海外でスマホを利用しないと高額な費用を請求されたりパスワードが漏洩したりなどのトラブルに発展しかねません。

○海外で通信を利用する方法3つ

①海外向けのパケット定額を利用する
3大キャリア(DOCOMO、au、SoftBank)の国内パケット定額サービス等に契約しているのであれば、現地でデータローミングをONにすれば自動的に定額サービスに移行します。注意点として、国や地域、契約しているプランによっては自動的に定額サービスへ移行しない場合もありますので各キャリアのホームページなどで確認しておきましょう。
3大キャリアの海外定額サービスの欠点としては費用が高額であるということ。約2980円/24時間の費用が発生するため、長期滞在では通信費だけで1万円を超えてしまう…なんてこともあります。そのため、「ハワイではフリーwifiがあるところだけでしか通信をしない 」という方はハワイに入国する前に必ずデータローミングをOFFにしておきましょう。なお、DOCOMOでは「海外1dayパケ」という980円/24時間で通信を利用できるサービスもあります。こちらは事前に申し込みが必要になりますが通信費用を抑えることができます。

②プリペイドSIMの購入
プリペイドsimカードを入れ替えるだけで普段使用しているスマホをハワイでも使用することができます。3大キャリアのデータローミングに比べて安価利用できます。空港内のショップや事前に日本で購入しておくこともできます。注意点としては、このプリペイドsimは基本的にsimフリースマホでないと使用できません。日本でもMVNO、いわゆる格安simを差して利用しているスマホは問題ありません。3大キャリアを契約している場合には事前にsimロックを解除してもらう必要があります。

③レンタルルーターを利用する
レンタルルーターは3大キャリア・格安simどちらも使用することができます。近年ではさまざまな業者がサービスを提供しているため、自分の使い方に合ったレンタルルーターのプランを選ぶことができます。レンタルルーターは国内空港やハワイの現地でレンタルすることができます。レンタルルーターのデメリットはスマホとは別にレンタルルーターも携帯しておかないといけないこと。機器自体はそれほど持ち運びに不便ではないですが、レンタルルーターを紛失してしまうと弁償の対象となるので注意が必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 海外の電波速度はケースバイケース

  • 中国移動通信のsimカードのチャージ方法について

  • ハワイの不安定な通信環境はルーターで解決

  • 海外はプリペイド式simカードが便利な理由とは?

  • 海外用SIMを購入する際におすすめの日本国内格安SIM

  • ハワイにおけるルーターとチャンネル設定について