1. TOP
  2. 【iPhone】通信制限を回避!通信量を節約する7つの方法【2022年版】

【iPhone】通信制限を回避!通信量を節約する7つの方法【2022年版】

 2022/07/01 携帯電話・スマートフォン  

iPhoneを利用している方で、毎月月末には通信制限で悩んでいる方も多いでしょう。

せっかく便利なスマホも、通信制限に引っかかってしまうと役に立たなくなってしまうことも。なるべくモバイルデータ通信量は節約していきたいですよね。

実は、本当に少しだけ設定を見直すだけでも、かなり通信量を節約することができるって知っていましたか?

実際どう設定したら良いのかについてもご説明いたしますので、ぜひ試してみてください!

※iOSのバージョンにより設定方法が異なる場合や、機能がなくなってしまっている場合がございます。ご了承ください。

 

Wi-Fiアシスト機能をオフにする

「Wi-Fiアシスト」とは、iOS9以降に追加された機能です。

これをオンにしていると、Wi-Fiの接続状況が良くない時に、自動的にモバイルデータ通信に切り替わります。

通信の快適さを優先している方にとっては非常に便利な機能なのですが、Wi-Fiを使っていたつもりだったのに気づいたらモバイルデータ通信を使ってしまっていたということが起きてしまうことも。

通信量の節約をするのであればオフにしておくことをおすすめします。

 

<設定変更方法>

設定→モバイル通信→Wi-Fiアシスト

オンになっていたらオフに。

 

iCloudの同期をオフにする

iPhoneはバックアップのために日々のアプリの情報がiCloudに同期されています

急にスマホが壊れたりなくしたりした時は非常に便利な機能なのですが、特にバックアップの必要がないアプリも対象に入っていることがあるのをご存知ですか?

スマホの中に入れているアプリが多ければ多いほど同期の時の通信量が大きくなるので、バックアップが必要なアプリだけを同期させるようにしましょう。

徹底的に通信量を節約する場合には、全てのアプリの同期をオフにして、Wi-Fiにつないだ時だけ一気に同期するようにするのも良いかもしれません。

 

<設定確認方法>

設定→Apple ID→iCloud

それぞれのアプリを確認してバックアップ不要なものはオフに。

 

アプリ自動更新をオフにする

アプリのアップデートはかなり頻繁に行われるので、自動更新をオンにしていると知らず知らずの間にたくさんの通信量を消費してしまいます。

また、アップデートに伴う不具合やバグが出てしまうこともあるので、アップデートするタイミングは自分で選ぶのが吉。Wi-Fiを接続している時に手動で行うように癖をつけておきましょう。

ただし、ずっとアップデートしないでいると、脆弱性を放置してしまうことにもなりかねませんので、こまめに確認しアップデートするようにしてくださいね。

 

<設定確認方法>

設定→App Store→Appのアップデート

オンになっていたらオフに。

 

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

アプリを使用していない時にもバックグラウンドで通信し、最新情報を取得していることがあります。

もちろん常に最新情報を取得して知らせてほしいようなアプリはそのままで良いのですが、意外とめったに利用しないアプリもオンになっている可能性がありますよ。

バックグラウンド更新が必要なアプリかどうか見直してみましょう。

 

<設定確認方法>

設定→一般→Appのバックグラウンド更新

各アプリでバックグラウンド更新が不要なものはオフに。

 

iPhone解析をオフにする

iOSの品質向上のために、診断データと使用状況データを毎日自動的に送信する機能があります

最初のセットアップ時に目にした方もいらっしゃるかもしれませんが、自動的に送信されてしまうのでオフにすると通信量の節約になるでしょう。ただ、少量の通信量ということもありますので、なるべくはオンにして協力するのも良いかもしれません。

 

<設定確認方法>

設定→プライバシー→解析および改善→iPhone解析を共有

オンになっていたらオフに。

 

アプリの位置情報サービスを許可しない

アプリをインストールすると、位置情報サービスの許可を求められることがありますよね。

許可するとGPSやモバイルデータ通信が発生するので、許可しているアプリが増えるとどうしても通信量が増えてしまいます。

マップアプリ以外のものはあまり許可せずにおいた方が節約につながるでしょう。

 

<設定確認方法>

設定→プライバシー→位置情報サービス

各アプリで位置情報サービスが不要なものはオフに。

 

写真アプリのモバイルデータ通信をオフにする

iPhoneにプレインストールされている写真アプリには、iCloudへのバックアップ時にモバイル回線で写真ライブラリをアップデートする機能があり、通信量が使われてしまう恐れがあります。

設定をオフにしておき、Wi-Fiをつないでいる時のみライブラリがアップデートされるようにしておきましょう。

 

<設定確認方法>

設定→写真→モバイルデータ通信

オンになっていたらオフに。

 

データ通信量を節約して快適にiPhoneを使おう!

スマホはいつでもどこでも自由に使えることが大きなメリットです。使いたい時に快適に使えるように、通信制限は避けたいですよね。

自覚がないうちに通信量が消費されないよう、ぜひ今回紹介した設定を見直して通信量の節約をしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • iPhone・Androidスマホの画面をテレビに映すには?有線無線の違いと接続方法

  • ハワイでSIMを利用するための準備と方法

  • 【iPhoneユーザー必見】通信制限を避けるために大切なたった1つの設定とは?

  • キャリアのお勧めについて考えたいこと

  • ソフトバンク系格安SIMについて考えたいこと

  • ガラケーからスマホへ!保存したメールデータを移行する方法を解説