1. TOP
  2. UQモバイルの節約モード300kbpsの速さは?できること&できないことを解説

UQモバイルの節約モード300kbpsの速さは?できること&できないことを解説

「携帯の通信料金が高すぎる!」と大手キャリアから格安SIM会社に乗り換えを考えている人も多いですよね。

しかし、「格安SIMに変えると月に使えるギガ数が少なくてすぐに通信制限がかかりそう」と乗り換えるのに不安を抱えてはいませんか?

実は、UQモバイルなら通信設定を節約モードに切り替えることで、データ容量を消費せずにスマホが使えるんです!

この記事では、UQモバイルの節約モードの詳しい説明や、節約モード300kbpsでできることと、できないことを紹介します。

節約モードを上手に活用して、データ容量を気にせずスマホを使いましょう!

 

UQモバイルの節約モード300kbpsとは?

新しいスマホを買って通信サービス会社と契約する際に、多くの人はデータ通信制限プランを選ぶことでしょう。

自分が契約しているプランのデータ上限を超えないように注意して一ヶ月間スマホを使っていくことになります。

そのような中、UQモバイルにはデータ容量を消費しない「節約モード」というものが存在するのです。

ここではUQモバイルの節約モードについて詳しく説明します。

 

節約モードの送受信速度には、くりこしプランSの300kbpsとくりこしプランMとくりこしプランLの1Mbpsがありますが、ここではくりこしプランSの節約モード300kbpsについて解説していきます。

格安SIMの「データ容量が少ない」というデメリットをカバーできる節約モードを使いこなしましょう!

 

データ容量を消費しない夢のような機能

UQモバイルには高速モードと節約モードがあります。

節約モードは最大通信速度が制限される代わりに、データ消費量のカウントなしでインターネット通信が利用できる機能です。

使えるデータ容量に制限がある料金プランでも、高速通信が必要ないときに節約モードに切り替えることで、「月末にデータ容量がなくなってしまった!」ということがなくなります。

さらに、UQモバイルは使わなかった容量を翌月に繰り越せるので、「来月データ容量をたくさん使いたいから今月は節約モードで運用しよう」といった使い方もできちゃいますよ。

 

節約モードの設定方法

高速モードと節約モードはUQモバイルのポータルアプリから切り替えられます。

ここではその設定方法を紹介します。

【節約モードの設定方法】

  1. 使っている端末がiPhoneならAppstoreから、AndroidであればGooglePlayから「UQモバイルポータルアプリ」をダウンロードする
  2. アプリを起動し、my UQ mobileのIDとパスワードを設定
  3. 画面下のメニューバーから「my UQ mobile」をタップし、ログインボタンを押してログイン
  4. アプリのトップ画面にあるボタンで節約モードに切り替える

一度設定すればタップ一つで高速モードと節約モードを切り替えられるので、「普段は節約モードで使用して、動画を見るときだけ高速モードにする」という使い方も簡単にできます

 

YouTubeは見られる?回線速度300kbpsでできること&できないこと

データ容量を消費せずに利用できる節約モードですが、最大300kbpsの通信速度でどれくらいのことができるのか気になりますよね。

ここでは300kbpsで「できること」と「できないこと」を紹介します。

節約モードでの使用を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

300kbpsでできること

300kbpsの速度制限があっても、使用通信量が少ない作業ならストレスなく使用できます。

スマホを使う用途が300kbpsでもできることなら、節約モードでお得に運用できますよね。

では具体的に節約モードでどんなことができるのかを5つ紹介します。

 

テキスト中心のWebページやSNSの閲覧

Twitterやニュースアプリなど、テキスト中心のWebページやSNSならば問題なく使えます。

テキストデータは容量が軽いので節約モードでも閲覧にストレスを感じることは少ないでしょう。

しかし、Twitterやニュースアプリでも、画像や動画が多い場合には読み込みに時間がかかるので注意が必要です。

 

LINEやSkypeなどでの通話

LINEやSkypeなどでの通話もデータ通信量は大きくないので300kbpsで使用できます。

今や、トークアプリを使って電話をすることの方が多いので、これは嬉しいですよね。

ただし、音声通話ではなくビデオ通話だと容量が一気に大きくなるので映像が乱れたり止まったりしてしまうことがあります

「おうち時間が増えたことでビデオ通話する機会が多くなった」という人はこの点を頭に入れておきましょう。

 

音楽ストリーミングサービスの利用

最近は音楽もストリーミングサービスで聞くことが増えたので、節約モードでも利用できるか気になりますよね。

結論からいうと、基本的には問題なく利用できます。

しかし、どのサービスを利用するかによって使用感にばらつきがあるので注意が必要です。

例えば、Spotifyはデータ容量が軽いため問題なく使えることが多いのですが、LINEmusicはデータ容量が大きく、とくに高音質設定だと音が途切れたり、読み込みに時間がかかったりします。

音楽を普通に聞くのならば節約モードでも使えますが、音質にこだわりのある人は注意が必要です。

 

地図アプリの検索

外出先で目的地にたどり着くために地図アプリを使う人は多いですよね。

300kbpsでも地図アプリでの検索は利用できます。

位置情報は動作するのでナビとして使うには全く問題ありません

しかし、300kbpsだと地図を拡大・縮小表示する際、読み込みに時間がかかります。

周りの情報を詳しく知りたいときには少し不便に感じることもあるでしょう。

 

低画質でのYouTube視聴

300kbpsでも低画質であればYouTube視聴も可能です。

設定から画質を最低の144pに変更することで、比較的に快適に視聴できます。

しかし、画質はかなり荒いので、細かい文字を読んだり、動きの早いゲーム実況の動画をみたりするのには不向きです。

逆に、ほぼ動きのない音楽やラジオなどの音声コンテンツならば問題なく楽しめますよ。

 

300kbpsでできないこと

スマホを節約モードで運用したいと考えるのならば、300kbpsでできないことも知っておかなければいけませんよね。

300kbpsでは快適に使うのが難しい作業があるのも事実です。

そこで300kbpsではできないことを3つ紹介します。

 

画像や動画の多いWebページやSNSの閲覧

InstagramやFacebookなどの画像がメインのSNSの閲覧はできません。

データ容量が大きいので読み込みにかなり時間がかかり、1ページ読み込むのに数分かかってしまいます

1ページごとにいちいち読み込みで長い時間待たされるは大きなストレスですよね。

また、画像や広告の多いWebページも同じ理由で快適に使うことはできません。

 

画像や動画の送受信

LINEやメールなどで画像や動画の送受信することも、300kbpsの節約モードでは難しいでしょう。

1枚の画像を送るだけでもかなりの時間がかかりますし、エラーになって送れないこともよくあります。

友人とのお出かけや旅行のあと、その日の思い出を共有したりする場合は、通常の通信モードを利用するのがおすすめです。

 

高画質でのYouTube視聴

300kbpsの低速通信は、YouTubeを高画質で楽しむことにも向いていません。

標準画質の360pでも頻繁に読み込みが発生し、ストレスを感じることも多いでしょう。

「普段からYouTubeをよく見る」という人は、300kbpsで快適に楽しむのは難しいと言えます。

 

UQモバイル以外で低速モード300kbpsが利用できる格安SIM

用途に合わせて賢く使えば、データ消費なくスマホを使えるUQモバイルの低速モードですが、実は低速モードを使えるのはUQモバイルだけではありません。

最後に、UQモバイル以外で低速モード300kbpsが利用できる格安SIMを2つ紹介します。

それぞれ比較して自分にあったプランを見つけましょう!

 

【iijmio(アイアイジェイミオ)】ギガプラン

iijmio(アイアイジェイミオ)のギガプランもデータ容量を消費しない300kbpsの低速モードが使えます。

さらに、iijmioの特長は「バースト転送機能」が低速モードでも使えることです。

バースト転送機能とは「通信した際、始めの一定量は高速データ通信が行われる機能」で、低速モードでもテキスト中心のサイトならば数秒で一気に読み込めます。

バースト転送機能がない他の格安SIMと比べて、初動の転送速度が明らかに速くなるので、是非体感してみてください。

 

【Y!mobile(ワイモバイル)】シンプルプランS

Y!mobile(ワイモバイル)のシンプルプランSはデータ容量を全て使いきったあとの最大速度が300kbpsになります。

低速モードに自分で切り替えてデータを節約することはできませんが、データ残量がなくなっても300kbpsで通信できるのは有難いですよね。

SNSやYouTubeなどを通信量の少ない設定に切り替えれば十分運用することが可能です。

 

体感では若干遅い?でもUQモバイルの節約モード300kbpsは意外と使える!

節約モード300kbpsは、通信量が大きくなると使えなかったり、体感で若干遅く感じたりすることもあります。

しかし、データ容量を消費しないのは大きなメリットですよね。

上手に使用すれば、「データ容量が少ない」という格安SIMのデメリットを一気に解消してくれることでしょう。

 

SIMカードフリーの端末が年々増え、さまざまなキャンペーンで人気の楽天モバイルや、BIGLOBEモバイルなどの格安SIM会社もシェアをどんどん広げている昨今。

自分の使い方に合ったプランや通信会社を選ぶことは非常に重要なことです。

「月々の携帯料金を抑えたい」という人には、節約モードが付いた料金プランがとくにおすすめですよ。

節約モード300kbpsを上手に使いこなしてスマホをお得で快適に運用しましょう!

 

まとめ

  • 「節約モード」とは速度制限がある代わりにデータ容量を消費しなくなる便利な機能
  • 「節約モード」とは速度制限がある代わりにデータ容量を消費しなくなる便利な機能
  • 節約モード300kbpsでは画像や動画の送受信や高画質でのYouTube閲覧はできない
  • UQモバイル以外にもiijmioなど節約モードが使える格安SIM会社がある

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 格安?auやドコモでも利用可能?「simフリーガラケー」徹底解説

  • 自分に合ったスマホの選び方

  • スマホにおける容量とは端末の能力の一部

  • キャリアとiPhoneの関係性

  • 明暗が分かれる?スマホとガラケーの現在

  • SIMと電話番号の関係性