1. TOP
  2. 中国移動通信のsimカードのチャージ方法について

中国移動通信のsimカードのチャージ方法について

海外通信事情  

1.チャージの意味

携帯電話のチャージ方法という話題では、日本では騒がれることはありません。殆どの方はプリベイト式の携帯電話以外を使用していることが挙げられます。それに加え、例えプリベイト式の携帯電話を使用していても日本国内であれば、料金のチャージ方法はクレジットカード払いやプリベイトカードでの暗号入力など、多彩な方法があり、チャージの方法そのもので困ることは少ないという現状があります。プリベイト式の携帯電話のメリットは何と言っても、料金を使用し過ぎないという所にあります。逆にデメリットとしては、ある程度の使用の度に購入手続きを踏む必要があり、残高がチャージされない限り使用不能となり、手続きが総じて面倒という点が挙げられます。

2.チャージ方法は多くはない

チャイナモバイルのSIMに対するチャージ方法は、多くはありません。プリベイト式のカードで暗号を打ち込むか、特約店などで特殊な端末を使用するなどの方法がメインとなってきます。また、中国国外からのチャージを行う場合は、口座登録とネット銀行の開設が必要となってきます。ネット銀行と言えば、中国への送金は大手銀行でも取り扱っていますが、国を超える為関係各所への確認は必要です。中国国外からのチャージは、方法は多くありません。もっとも確実なのは、チャイナモバイルの公式サイトから行う方法ですが、この方法は事前に中国の銀行で口座開設・ネットバンク登録などが必要になってきます。もっとも、ネットバンクにおいては日本でも多数、中国への送金を可能としている企業やサービスはある為、サービスの比較から始める必要があります。そして、日本国内においての話であれば、チャイナモバイルの契約を続ける意味はあまり高くはありません。通話の話放題やパケット料金を30GB程度のものとしても、2万円まで届くこともない為、端末の状況や料金は住む場所が変わるたびに確認しましょう。

3.中国移動通信の端末について

チャイナモバイルのチャージ方法は、日本国内でも可能でありますがかなりその場所は限定されます。また、プリベイトカードについても入手できる場所が限られる為、よほどのこだわりやビジネスに支障をきたす場合以外は日本国内のものかレンタル製品を強くお勧めします。そして、ージ方法は国内銀行を使用する場合は、かなりの確認が必要であり、チャイナモバイル側とのやり取りも増える可能性がある為、自分の最も簡単なチャージ方法を探しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 海外用Wi-Fiについて考慮したいこと

  • グアムのiPhone通信事情を紹介!

  • グアムで利用できるルーターの相場と注意点は?

  • 海外の通信事情と日本の状況

  • グローバルWiFiの評判と現状

  • マレーシアでもSIMカードを入れ替えなくてもデータ通信は可能?