1. TOP
  2. 【タイ】プリペイド式simカード事情を紹介

【タイ】プリペイド式simカード事情を紹介

海外通信事情  

今回は「タイ」の通信事情とsimカードについて解説していきます。
タイでスマホやタブレット端末を利用して、インターネット通信・音声通話を利用するにはいくつかの方法がありますが、使い切りのプリペイド式simカードを利用されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

○現地でsimカードを購入する

simフリースマホであれば、現地でプリペイド式のsimカードを購入してsimフリースマホに差し替えることで、インターネット通信をすることができます。
タイの通信事業者は日本でいうDOCOMO、au、SoftBankといったように3つの主要キャリアが存在します。
・AIS(エーエルアイ)
・true(トゥルー)
・dtac(ディータック)
これらのキャリアからsimカードを購入することができ、以下の場所で購入手続きをすることが出来ます。
・空港
・街にある通信事業者の店舗
・コンビニ(セブンイレブン)
・モバイル端末の販売店

 

○空港でsimカードを購入するポイント

旅行客によく利用されるスワンナプーム空港では、2階到着フロアの7番出口付近にサテライトブースが出店しています。
ドンムアン空港は1階にブースがあります。
空港で購入すれば、街で店舗を探す必要がなく非常に便利ですが、どのブースも客で混み合っていることが最大のデメリットです。また、街にある店舗に比べて品揃え(契約プラン)が少ないようです。
空港で売っているプリペイド式simカードはどのブースでもほとんど契約内容は変わらないため、1番空いているブースに並ぶことをおすすめします。

 

○日本国内でもプリペイド式simを購入することは可能

「現地の店舗で確実にsimカードを買えるのか不安」と思われる方は、渡航前に日本国内(Amazon)でsimカードを購入されることをおすすめします。使い切りであればパスポートなどの身分証明書は必要なく、現地でsimカードを差して電源を入れればすぐに使用できます。
現地購入に比べて数百円程度高いだけなので、現地購入の煩わしさを考慮すればお買い得といえるでしょう。Amazonで「タイ sim」と検索すれば複数の商品がヒットするので、自分の利用スタイルに合ったものを選びましょう。

 

○まとめ

simカードを選ぶポイントとして、何日滞在するのか、1日どれくらいデータを利用するのか、どれくらいの通信速度が必要なのかという3点を考慮することが重要です。現地でのコミュニケーションに自信があれば、長期間契約などもあります。
ビジネスなどで長期間滞在するのであれば、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハワイで携帯を利用する場合のサービスについて

  • 海外においてキャリアのメールアドレスは使用可能なのか

  • 海外用の携帯レンタルについて考慮したいこと

  • スマホの世界シェアと日本の状況

  • ホノルルで歩きスマホをすると罰金!具体的な内容も紹介

  • ハワイの不安定な通信環境はルーターで解決