1. TOP
  2. 格安simとポケットwifiはどちらが得?容量制限も

格安simとポケットwifiはどちらが得?容量制限も

 2017/11/18 ポケットWiFi 比較  

○ポケットwifi(モバイルルーター)とは?

ポケットwifiとは、スマホやPCでデータ通信をするために屋外でも持ち運びができる機器のことです。wifiを飛ばす事ができるため、複数のモバイル端末を接続する事ができます。
ポケットwifiはY-mobileの登録商標で、一般的は「モバイルルーター」と呼ばれています。このモバイルルーターの大手といえばWiMAXとY-mobileが2強といえますが、DOCOMO、au、SoftBankもモバイルルーターを展開しています。プランの種類は比較的少ないため初心者でも選びやすいでしょう。

○格安simとは?

スマホ端末やポケットwifi、simカードスロットのあるタブレットやPCに挿入してデータや音声通話をする事ができるICカードの事を差します。このsimカードで契約プランや電話番号などの契約者情報を読み込む事ができるため、simカードが適合する端末出あれば基本的にどの端末であっても同じ契約プランで利用する事ができます。
格安simは多くの通信業者が展開しており、ひとつの業者でもプランが非常に豊富です。どのプランも基本料金+オプションといった3大キャリアに比べてわかりやすい料金形態ですが選択肢があまりに多いため、自分に合ったプランを選ぶにはそれなりの知識が必要です。

○格安simとポケットwifiどちらがお得?

格安simかポケットwifiのどちらかを選ぶ上で重要視すべきは値段と容量制限です。ポケットwifiの値段相場は3000~4000円月程度で端末代も含まれます。通信は基本的に2種類あり、
①高速だが利用エリアが狭い電波(使い放題)
②高速で利用エリアも広いが月7G程度の通信制限あり
この2つの電波を用途に合わせて切り替える事になります。注意点としては①使い放題の電波でも3日間の通信制限があるということ。例えばWiMAXのギガ放題では3日間で3GBを超えてしまうと18時~翌6時まで通信制限が掛かります。

一方で格安simはひと月1GB程度からプランがありますが、3000~4000円ではひと月20GBのデータ通信プランとなります。楽天モバイルやマイネオなどは3日間制限がありませんが、動画やゲームをよくやるヘビーユーザーは容量が足りないでしょう。このように格安simは低額のプランを契約して自宅では固定回線のwifiを利用するといった使い方でなければ恩恵は得られない様です。

自宅に固定回線を設置しない場合には使い放題ができるポケットwifiがお得でしょう。ただし、使い放題の電波は屋内や地方ではエリアをカバーしていない場合があるため、お試しレンタルを利用して主に使用する場所がカバーされているのか確認しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Wi-Fiレンタルの現在の立ち位置

  • ポケットWiFiの通信速度は総じて遅いのか?

  • ポケットWiFiの使用に必要なもの

  • ポケットWiFiのメリットについて

  • 「つながらない時は、まず再起動」と言われる理由

  • ポケットWiFiの接続のやり方は難しくない