1. TOP
  2. ポケットWiFiで位置情報確認が便利?秘かに抱える問題点とは

ポケットWiFiで位置情報確認が便利?秘かに抱える問題点とは

 2017/08/08 ポケットWiFi  

ポケットWiFiでも位置情報を取得

位置情報確認というと真っ先に思い浮かぶのはGPSであり、ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)で位置情報を取得するというとピンとこない方も少なくないでしょう。むしろ、「ポケットWiFiで本当に取得できるのか?」という疑問が頭をよぎると思います。結論から言えば、ポケットWiFiで位置情報は取得することが可能です。しかし、位置情報を確認する目的では一般的に使用されていません。

今回の記事では、ポケットWiFiを用いた位置情報確認の方法と問題点についてご説明します。

ポケットWiFiを用いての位置確認

一般的に、位置情報というと、頭に思い浮かべるのは、GPSです。GPSというのは、「グローバル・ポジショニング・システム」の略で人口衛星を使ったシステムのことであり、利用環境にもよりますが、24時間どこでも位置を特定することができるので、非常に便利な機能として認知されています。

 

携帯電話やスマホ端末などにもこの機能は搭載されています。例えば、大流行したポケモンGOではこうしたGPS機能の信号を利用していますが、GPSに接続し続けているとモバイルデータ通信が激しく消費され、あっという間に速度制限になってしまう可能性があります。その点、ポケットWiFiで位置情報を確認できれば、モバイルデータ通信を使用しなくてすむため安心です。

逆に、自分の位置情報を誰にも知られたくない場合には、対処法としてネットワーク設定などから位置情報のオン/オフを切り替える設定方法があります。

 

機種によっては、ポケットWiFi でもGPS機能が付いているものもありますが、GPS機能が無い機種でも、現在地を割り出す事が可能です。Googleやアップル、その他の位置情報や地図に関するサービスの提供者は、無線LAN(WiFi)アクセスポイントからのWiFiに関する情報を集めて、アクセスポイント機器につけられたネットワーク上の識別アドレス(MACアドレス)と実際の住所・位置情報を結び付けた位置情報に関するデータベースを構築しています。そして、スマートフォン/タブレットは、GPS、セルID(携帯基地局の電波)、WiFiこれら3つの方式を組み合わせて、現在位置の取得/精度を高めるように動作しています。その為、自分の意志とは関係なくスマートフォンがどこにあるのか、繋がっている WiFiはどこなのか等の情報が集められています。既に WiFi 機器と位置情報とがリンクされている環境であれば、WiFiのみでも現在地が特定できるようになっています。このような仕組みの為、GPS機能のないポケットWiFiでも位置情報サービスというアプリを使用しての位置情報確認が可能です。

ポケットWiFiでの位置情報確認の問題点

 ポケットWiFiでの位置取得は、スマートフォンなどが利用するGPSと違い、リアルタイムに正確な位置情報が得られない可能性もあります。記録されているポケットWiFiアクセスポイントが移動していた場合や消滅していた場合、自分の利用しているポケットWiFiの位置情報が全く別の場所で登録されているケースがあるという事です。その為、ポケットWiFiでの位置情報の取得の問題点としては、ポケットWiFiはアクセスポイントの変化、数の大小によって、位置情報の精度が変化する事。WiFiでの位置情報取得は「いざというとき」に役に立つという事を知っておけば心配はありません。

 

まとめ
・スマホに限らずポケットWiFiでも位置情報を確認することができる
・WiFiの位置情報は正確でない場合がある
・いざというときの備えとして、WiFiでの位置情報取得機能があることを知っておく

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポケットWiFiの通信量と立ち位置

  • ポケットWi-Fiの無制限というワードの注意点

  • ポケットWiFiの利点はどこにあるのか?

  • ポケットwifiの通信容量を比較!おすすめ速度制限解除方法ご紹介

  • ポケットWiFiと電波

  • ポケットWiFiの電波は本当に悪いのか?