1. TOP
  2. 携帯電話・スマートフォン
  3. auの新iPhoneはSIMカード交換が必要

auの新iPhoneはSIMカード交換が必要

2017年9月22日、1年ぶりに新型iPhoneとなるiPhone 8・8 Plusが発売となりました。背面のパネルがアルミからガラスに変更され、ワイヤレス充電にも対応しさらに進化を遂げています。各キャリアからも価格やプランが出揃いました。
auを展開しているKDDI・沖縄セルラー電話はiPhoneに関して、iPhone 8・8 Plus以降のiPhoneシリーズでは日本国内の3G通信(CDMA2000)をする事ができないという趣旨を含む注意点が発表されています。iPhone8・8 Plusを含む新iPhoneは国内においてVoLTE対応したSIMカードのみ使用できます。

○VoLTEってなに?

VoLTE(ボルテ)とはVoice over LTEの略。高速でデータ通信をする事ができるLTE方式で、音声通話をLTE方式データ通信で行う技術の事です。少し難しいですよね。
従来の通信方式においては、ほとんどのスマホが高速データ通信(LTE)をする事ができます。しかし音声通話を利用する時には低速な3G通信に切り替えをしていました。これをCSフォールバックと呼びます。音声通話をLTE通信でする事でノイズが入りにくく発着信もスムーズに可能となります。

○黒いsimカードは交換する必要あり

「au 4G LTEスマートフォン」の機種は2種類あり、LTE契約の黒いsimカードを使う機種とVoLTE契約の灰色のsimを使う機種があります。黒いsimカードは3G通信に対応していますが、灰色のsimカードは対応していません。iPhone8・8 Plus以前のiPhoneは黒いsimカードを使用していましたが、これ以降のiPhoneは3G通信が利用できない、つまり黒いsimカードは利用できなくなります。

これにより何が困るのかというと、今まで黒いsimカードを差してiPhoneを利用しており、iPhone8・8 Plusに機種変更した場合はsimカードの契約変更もしなければならないということです。
契約変更(灰色のsimカードへの変更)はauショップ等にて手続きが可能で、事務手数料として3000円(税別)が必要になります。元々、灰色のsimを利用している場合は契約変更をする必要はありません。(auショップ等で機種変更する場合は機種変更の事務手数料として2000円必要です。)
なお、Apple Storeでsimロックフリー版iPhoneを購入する場合はsimカードの変更も必要なく、手数料も掛かりません。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キャリアの電波とユーザー

  • キャリアと格安SIM業者の携帯の違い

  • 【初心者】スマホのwifi設定。自分でできますか?

  • 各キャリアを比較!アイパッドPro10.5インチモデル

  • エクスペリアの国内simフリー【xzプレミアム】がおすすめの理由

  • 2018年でも戦える!simフリースマホ3選