1. TOP
  2. 防水・防塵機能の格安simフリースマホを比較!おすすめ5選ご紹介

防水・防塵機能の格安simフリースマホを比較!おすすめ5選ご紹介

お風呂でもスマホを使いたい

アウトドアにも持っていきたい

そんな人には防水・防塵機能つきのスマホおすすめです。

 

スマホはガラケーに比べて壊れやすいイメージもありますが、最近は壊れにくい頑丈な機種もあります。

なかには、水に丸ごと浸けても壊れない高性能のものまで。

 

この記事ではそんな防水・防塵スマホのなかでも、格安SIMが使えるSIMフリーモデルのものをご紹介します。

 

スマホに求めるもの

さまざまな機能があり、現代人の生活に欠かせないものになったスマホですが、いくつかの不満点を抱えているユーザーも少なくないようです。

 

トラブルの上位に落下による破損と水

モバイル市場専門のマーケティング機関「MMD研究所」が行った「スマートフォンの満足度と不満度に関する調査」(15~59歳のスマートフォンを所有する男女2,203人が対象)によれば、スマホの故障経験者は31.6%、およそ3人中1人の割合でした。

 

また、経験したことのあるスマホトラブルの上位3つは、上から順に「落下」「動作不良」「水のトラブル」という結果でした。

落下や水のトラブルが多いことから、外部からのダメージがスマホの故障の主な原因になっていることが分かります。

 

防水機能を求める声多数

次に、項目別に満足度を集計した「スマートフォンの満足度と不満度に関する調査」の回答結果を見てみましょう。

不満足度の高い項目は、上から順に「バッテリーの持ち」「防水機能」「頑丈さ」と続きました。(「不満」か「やや不満」と答えた人の割合を合算)

 

また、今後のスマートフォン端末に求める要素についての質問でも、「とにかく長持ちするバッテリー」「持ちやすいサイズ感」に次いで、防水・堅牢さを備えたパワフル端末」が3番目に多い結果となりました。

スマホに防水性能や頑丈さの向上を求めている人は多いようです。

 

防水機能のレベル【IP規格】

スマホのスペックを見たときに「IPX5」や「IP67」のような表記を見たことがありませんか?

スマホなど電気機器の防水・防塵性を知りたいときに役に立つのが、防水機能のレベルを評価する、この「IP規格です。

 

IP規格とは、IEC(国際電気標準会議)が定めた規格で、機器の保護構造について防塵・防水性を等級に分類するためのもの。

日本でもJIS(日本工業規格)で採用されています。

 

規格の見方としては、IPの次に来る数字が防塵性その後ろに来る数字が防水性の等級を表していて、省略される場合はXと表記されます。

たとえば、「IPX5」の場合、防塵性はなく、防水性の等級は5であるという意味です。

 

また、「IPX5/8」のように防水性についての等級を2つ表記していることもあります。

7~8等級が水に浸したときの防水性を表すのに対し、6以下の等級は水がかかったときの防水性です。

つまり、どちらにも対応しているため分けて明記されています。

「IPX5/8(もしくはIPX5/IPX8)」ならば、IPX5相当の噴流水への耐性と、IPX8相当の浸水への耐性を併せ持っているということ。

 

数字が大きいほど防水・防塵性が高くなっているので、防水・防塵機能つきのスマホを買うときは、できるだけ数字の大きいものを選びましょう。

 

等級と防水性の基準は以下の通りです。

【防塵性】
IP1X 直径 50mm 以上の大きさの外来固形物に対し保護されている。
大人の握り拳が危険個所へ接近しないように保護されている。
IP2X 直径 12.5mm 以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
大人の指での危険個所への接近に対して保護されている。
IP3X 直径 2.5mm 以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
工具での危険個所への接近に対して保護されている。
IP4X 直径 1.0mm 以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
針金での危険個所への接近に保護されている。
IP5X 防塵試験用粉塵(直径 75μm)が入ったとしても
所定の動作および安全性を損なわないように保護されている。
IP6X 耐塵試験用粉塵(直径 75μm)が入らないように保護されている。

 

【防水性】
IPX1 製品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
IPX2 製品を 15 度傾けた状態で施品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
IPX3 製品上部から両側に 60 度までの角度で噴霧された水に対して保護されている。
IPX4 製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対して保護されている。
IPX5 製品に対するあらゆる方向からの噴流水(12.5ℓ/min)に対して保護されている。
IPX6 製品に対するあらゆる方向からの暴噴水(100ℓ/min)に対して保護されている。
IPX7 水に浸しても影響がないように保護されている。製品を水中で使用するもの。
IPX8 潜水状態での使用に対して保護されている・7より
厳しい条件のなかで使用するもの(試験環境は協議により決定します)。

引用元:https://www.jqa.jp/service_list/safety/file/pamph_ip201705.pdf(一般財団法人「日本品質保証機構」)

お風呂でスマホを使うなら、お湯に落としてしまった場合に備え、少なくともIPX7以上の防水性は必要だと考えてください。

 

格安スマホで自分好みのスマホが選べる時代

3大キャリアドコモ・au・ソフトバンク)と契約してスマホを使っている人は、月額料金を大幅に安くできるかもしれません。

SIMフリーのスマホを購入すれば、格安のスマホサービスを利用できます。

 

格安スマホ?

格安スマホとは、その名の通りスマホを格安価格で利用できるサービスのことです。

3大キャリアなら標準的なプランでもデータ通信料と通話料でだいたい6,000円以上かかりますが、格安スマホなら同程度のプランでも約3,000円で使えます

これだけ聞くと、なぜそんなに安いのかと不安になるかもしれませんが、もちろん安いのには理由があります。

 

まず格安スマホ事業者(MVNO)は、3大キャリアの通信回線を借りているので、通信設備の開発・建設費や維持費がかりません。

また3大キャリアに比べてショップが少なかったり、広告費をかけていなかったりと、コストが少ないため、その分料金も安く設定されています。

 

simフリー?

スマホなどの端末で通話やデータ通信を行うためには、「SIMカード」という電話番号や契約者情報が書き込まれたIDカードを差し込んでおく必要があります。

 

「SIMフリー」とは、このSIMロックがかかっていない状態のこと。

SIMフリーの端末なら、どこのSIMカードでも、動作対応さえしていれば使用できます。(端末が動作対応しているかどうかは、格安スマホ事業者の公式サイトを見れば確認可能)

そのため、格安SIMサービスではSIMカードのみ発行してもらい、SIMフリー端末は他の安いところで購入する、といったことも可能になります。

 

ですが、3大キャリアで購入できるスマホには、他社で契約したSIMカードが使えないよう、カギ(SIMロック)がかかっているケースが多いため、格安SIMカードも基本的には使えません。(使用回線が同じなら、使えることもあります)

 

格安SIMフリースマホのメリットとデメリット

ここでは格安SIMフリースマホのメリットとデメリットをご紹介します。

 

【格安SIMフリースマホのメリット】

① 月額料金の安さ・柔軟さ

格安SIMフリースマホを使う最大のメリットは、やはり月額料金の安さです。

3大キャリアの料金プランと、データ通信容量などが同程度のプランを選んでも、料金が半額程度になることも少なくありません。

また、料金プランの選択肢の多さも魅力です。

多くの格安スマホ事業者では、音声通話のあり・なしが選択できますし、データ通信容量も事業者によっては、1GB程度の小さなものから20GB以上の大容量まで用意されています。

上手くプランを選べば、自分に必要なサービスだけを、必要最低限の料金で利用できます。

 

② 契約期間の縛りのゆるさ

3大キャリアでは、契約期間に2年間以上という縛りがあり、途中で解約すると解約金が発生してしまいます。

しかし、格安スマホなら最低契約期間が1年の事業者楽天モバイルLINEモバイルなど)があったり、契約期間の定めがなく解約金のかからない事業者(mineoなど)まであります。

 

③ 海外でも使える

SIMフリースマホなら、海外のSIMカードを差して使うことも可能です。

ケータイ会社の国際ローミング(日本で使っているケータイを、そのまま海外でも使えるサービス)は、1日約1,000円~3,000円と高額。

現地のプリペイド式のSIMカードを使えば、海外でも格安でデータ通信ができますし、プリペイド式なら追加料金もかからないので安心です。

ただし、スマホの対応周波数帯が合っていないと使えないこともあるので注意してください。(対応周波数帯はメーカーのサイトの製品紹介ページで確認できます)

 

格安SIMフリースマホのデメリット】

① 通信速度が遅い(安定しない)

事業者や使用する回線にもよりますが、格安スマホサービスのデータ通信は、3大キャリアと比べると速くありません。

また、3大キャリアから通信回線を借りて使っているため、混雑時には3大キャリアの契約者が優先され、通信速度が遅くなってしまうこともあるようです。

 

② 通信設定など、自分で行う必要がある

多くの格安スマホ事業者は、ショップはあまり出店しておらず、電話などでのサポートも3大キャリアと比べると手厚くありません。

通信設定など自分で行う必要があるため、ある程度スマホの操作になれている人向きのサービスだといえるでしょう。

ただ、ワイモバイルUQモバイルのように、ショップの出店を増やし、サポートに力を入れている事業者もあります。

初期設定など不安な人はそういった事業者を利用するといいでしょう。

 

おすすめ防水フリースマホ5選

ここでは、おすすめの防水機能つきSIMフリースマホを紹介します。

防水以外にもさまざま様々な特徴を持ったスマホがあるので、是非スマホ選びの参考にしてください。

 

指紋認証機能搭載【AQUOS sense lite SH-M05】

防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
画面サイズ 約5.0インチ
ストレージ 32GB

シャープ製のミドルクラススマホ。

指紋認証機能に対応しているので、一瞬でロック解除ができ便利です。

画面は濡れても誤動作を起こしにくいIGZOディスプレイ採用で、手が濡れたままでも使用可能

商品価格も3万円前後と、リーズナブルでありながら、シャープの強みである液晶ディスプレイの美しさも備えています。

この価格帯のスマホとしてはかなり高機能な、コスパの高いスマホです。

 

防水・防塵【AQUOS R compact】

防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
画面サイズ 約4.9インチ
ストレージ 32GB

IPX5/IPX8の防水性とIP6Xの防塵性を備えた、シャープ製スマホ。

防水・防塵であるだけでなく、CPUオクタコアのQualcomm® Snapdragon 660を採用するなど、基本スペックの高さも魅力的です。

また、高音質のハイレゾ再生にも対応しています。

壊れにくさだけでなく、高い性能も求める人におすすめです。

 

おサイフ・ワンセグ対応【arrows M04】

防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
画面サイズ 約5.0インチ
ストレージ 16GB

おサイフケータイ対応(NFC・FeliCa)の富士通製スマホ。

ワンセグ機能も搭載しているので、外出中にもテレビが見られます。

また、頑丈さもかなりのもので、泡ハンドソープで丸洗いできるほどの防水性と、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験をパスした耐衝撃性を兼ね備えています。

 

ハイスペック【Moto X4】

防水 IPX8
防塵 IP6X
画面サイズ 約5.2インチ
ストレージ 64GB

レノボの子会社であるモトローラ・モビリティ製のハイスペックスマホで、ストレージは64GBの大容量

バッテリー容量も3000mAhとかなり大きめとなっており、内蔵メモリが4GBあるので、複数の処理を同時にこなす能力も高いです。

カメラ機能も優秀で、メインカメラにはカメラレンズを2つ備えたデュアルカメラシステムを搭載。

広角写真や精細な写真を撮ることができます。

また、DSDS対応デュアルSIMデュアルスタンバイ対応)しており、2枚のSIMカードを同時に使用可能

仕事用とプライベート用のSIMカードを差して電話番号を使い分けたり、よく海外に行く人なら海外用のSIMカードと国内用のSIMカードを併用したりと、使い方の幅が広がります。

 

4Kスマホ【Xperia XZ Premium】

防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
画面サイズ 約5.5インチ
ストレージ 64GB

ソニー製の人気シリーズ「Xperia」の高性能スマホ。

一般的なスマホに採用されているフルHDの4倍もの解像度を誇る4K画質に対応しているのが特徴です。

YouTubeやAmazonプライム・ビデオなど、スマホでも4Kコンテンツを視聴できます。

カメラ性能も素晴らしく、メインカメラは約1920万画素の高精度。

3D撮影やスーパースローモーションなど、特殊な撮影機能も搭載しています。

また、音楽CDの約3〜6倍もの情報量のハイレゾ再生にも対応。

動画に写真に音楽にと、スマホで高品質コンテンツを楽しみたい人におすすめ

3230mAhの大容量バッテリーも魅力です。

 

耐衝撃スマホもおすすめ

壊れにくいスマホが欲しいなら、防水・防塵対応だけでなく、耐衝撃機能のついたスマホおすすめです。

スマホをよく落としてしまう人やアウトドアに持っていく人なら、落としたりぶつけたりして画面が割れてしまったた経験もあるのではないでしょうか。

 

スマホには、画面に強化ガラスを使用するなど、壊れにくい造りになっているものがあります。

たとえば、画面の割れにくいスマホとしてはZenFoneシリーズが有名。

今回ご紹介したSIMフリースマホのなかでは、arrows M04が防水・防塵+耐衝撃性を兼ね備えた端末としておすすめです。

 

とはいえ、いくら頑丈なスマホでも壊れる可能性が0ではありません。

落とさないように気をつけたり、画面にガラスフィルムを貼ったり、耐衝撃性のスマホケースを使うなど、大事に使いましょう。

 

まとめ
  • スマホに防水性を求める人は多い
  • IP規格は防水・防塵性のレベルを表す
  • お風呂で使いたいならIPX7以上(できれば8)
  • 格安スマホは「安い」「契約の柔軟」「海外でも使える」
  • 耐衝撃性もスマホ選びの大事なポイント

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • プリペイド携帯の現状

  • スマホにおける容量とは端末の能力の一部

  • 初心者必見!Androidスマホで全画面表示と画面回転を固定する方法は?

  • スマホの販売キャリアにおけるメーカーについて

  • 【防水・防塵機能付き】2019年おすすめsimフリースマホ7選

  • スマホで画像検索ができない場合の設定方法は?