1. TOP
  2. 【初心者】グアムに着く前にスマホの電波をOFFにしよう

【初心者】グアムに着く前にスマホの電波をOFFにしよう

海外通信事情  

人気の観光地であるグアム。日本からも4時間程度のフライトで行くことができるため、ちょっとした海外旅行にはぴったりの場所ではないでしょうか。
グアムでも国内で使っているスマホを使うことができます。最近話題となっている格安simは使用不可(モバイル通信ができない)あるいは別途契約が必要です。
3大キャリア(DOCOMO、au、SoftBank)を契約している方はグアムでもそのままモバイル通信をすることができますが注意すべきことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

○高額な国際ローミングに気をつけよう!

海外で3大キャリアのスマホを使う(モバイル通信をする)と国際ローミングという通信に自動で切り替わります。
国際ローミングとは、日本のキャリアが海外のキャリアと提携することによって、海外では現地の通信事業者の電波を受信することで海外でも日本国内と同じようにモバイル通信が利用できるサービスのことです。
非常に便利な機能ですが、国内の契約とは異なる料金制度になってしまうため、高額な通信料金を請求される場合があるのです。地域にもよりますが、数十万円といった高額な料金にならないようにグアムでは1日定額のサービスへ自動移行します。それでも2980円/日と割高な料金設定となっています。

 

○国際ローミングを使わないためにやっておくこと

グアムでは事前に海外向けのレンタルwifiを契約していたり、ホテルやショッピングモールが提供している無料のフリーwifiを利用するという方は国際ローミングに切り替わらないように設定をしておく必要があります。現状に到着すると自動的に国際ローミングの定額サービスが開始してしまう恐れがあるため、設定方法を知っておきましょう。

 

○スマホの電波をOFFにしておく

現地に到着すると自動で定額サービス通信をしてしまう可能性があるため、飛行機に乗り込む前に設定をしておくことをおすすめします。

・Androidの設定
「設定」から「モバイルネットワーク」を選択し、「モバイルデータ通信」と「データローミング」をOFFにします。
※Androidは機種により設定方法が一部異なります。

・iPhoneの設定
「設定」から「モバイルデータ通信」を選択し、「モバイルデータ通信」をOFFにします。
(モバイルデータ通信をOFFにした時点で、ローミングまたはデータローミングが自動的にオフになります)

 

○まとめ

国際ローミングに切り替わらないようにする方法として、「機内モード」を活用する方法があります。機内モードに設定すると音声通話、モバイル通信、wifi、bluetoothといった電波を発する機能が一旦すべてOFFになります。
機内モード設定中でもwifiとbluetoothは個別にONに設定できるため非常に便利な機能です。

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • グアムのsimについて

  • グアムで携帯やスマホを使用するための方法

  • 【海外】キャリアアドレスからの送受信は可能?

  • 海外用Wi-Fiについて考慮したいこと

  • ハワイで借りたWi-Fiルーターを返却するには?方法を説明!

  • 中国移動通信のsimカードのチャージ方法について