1. TOP
  2. 制限のないポケットWiFiはない

制限のないポケットWiFiはない

ポケットWiFi  

1.ポケットWiFiとユーザー

ネットワーク機器と呼ばれるものの中でも単独で電波を送受信できるものは限られてきます。特に、ポケットWiFiに関して言えば、回線工事などの手間もいらず、容易に自宅に導入することが可能です。しかし、ポケットWiFiそのものの仕組みについて理解している方は少ないでしょう。光回線などと同じようにネットワークを構築することも可能ですが、本当に光回線の代わりとなりえるものなのでしょうか。そこで今回は、ポケットWiFiの制限に関してみていきましょう。

2.ポケットWiFiの制限と契約

ポケットWiFiの契約ができる箇所として、docomo・au・ソフトバンク、ワイモバイル、UQコミュニケーションズなどが代表的です。特に、ユーザーの注目度が高いのはワイモバイルとUQコミュニケーションズのWiFi端末でしょう。この両社のWiFi端末においては、3日間で10GB以上の通信を行わなければ通信制限が掛からない契約を結ぶことが可能です。しかし、電波状況などにかかわらず、携帯端末におけるデータ通信のカウントは、一定ではありません。もちろん、ネットゲームや動画などの視聴では大量にデータ通信を行うため、ヘビーなネットユーザーではポケットWiFiのデータ通信量では満足できないでしょう。また、ワイモバイルやUQコミュニケーションズのポケットWiFiに限らず、日本のどの会社と契約してもdocomo・au・Softbankの電波を使用しているため、使用場所における各社の電波の入り具合は、契約前に必ず確認しておきましょう。通信契約においては、契約後の取り消しはそう簡単には行えず、解除料金としてかなり高額の請求がされることも少なくありません。そのため、「今の環境を崩さず料金を安価にしたい」のであれば、それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで契約を行いましょう。ちなみに、光回線のマンション型・アパート型とポケットWiFiの料金は5000円までに届かずそこまで変わりがないため、料金的な面よりも機能なスピードに着目してください。

3.自分のニーズは自分で決める

ネットワーク機器に関する契約は、安易に決定してしまうと必ず後悔することになります。特にポケットWiFiと携帯電話は、従量性であり、自分の契約次第で月々の料金がかなり異なってきます。そのため、光回線やポケットWiFiの特徴をよく理解し、現在の自分の生活が本当に変わらないのかをよく検討する必要があります。自分の通信環境を整えられるのは、自分自身のみだということを常に意識し、普段自分がどれほどの通信を行っていくのかよく把握することから始めてください。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポケットwifiが低速化してしまった時の解除方法とは?

  • Wi-Fiレンタルの現在の立ち位置

  • ポケットWiFiの通信速度について考えたいこと

  • 格安SIMとポケットWiFiとの併用がおすすめな理由

  • ポケットWiFiが途切れる場合の対処法

  • ポケットWiFiの利便性とは