1. TOP
  2. ネットワーク端末の電波が入らない場合に考えたいこと

ネットワーク端末の電波が入らない場合に考えたいこと

国内通信事情  

1.携帯の電波は入らないこともある

スマホに限らずネットワーク端末と呼ばれるものは、少なからず単独で電波の送受信を行っています。しかし、ネットワーク端末を使用した上で電波が入らなくて困ったという経験をした方は少なくないでしょう。電波は、目には見えませんが普段は無数に飛び交っており、その有効範囲には限界があります。その為、電波を送受信できる機器におけるエリアの確認は必須であり、現状では電波の安定しない端末やサービスは今後の展開などを含めてもエリアの拡大は数年先になる可能性があります。
また、通信サービスにおける電波の遮断は、プライベートに限らず、ビジネスにおいても大きな問題です。例えばですが、電話が何度も途切れる相手とスムーズに電話の出来る相手とでは対応も違ってきますし、ネットワークにおいてもスカイプなどでの会議は安定した電波が無ければ不可能と言えるでしょう。ちなみに、電波の改善はIT業界のみでなく、様々な業界でも必須となっており、より早く安定した通信サービスはどこの企業でも需要があると言えます。

2.電波状況による原因の判断

電波状況は例え、今まで問題なく使用出来ていたものでも変化することがあります。これは、スマホなどの携帯端末では特に顕著であり、改善方法は限られています。例えば、環境による圏外の表示であれば、それは環境が原因である為、自分で改善出来ることは殆どありません。しかし、スマホ本体に目を向けてみると、改善策や試して欲しい事柄はいくつもあります。
 携帯電話に限らず、電波を送受信する端末は常に稼働しており、電波の質の良し悪しは最初から決まっています。また、端末そのものでは選択して拾い上げることは出来ません。スマホなどでもよくあり得る電波の遮断はエリア内とエリア外の電波が入り混じっているという状態である為、電源を入れなおし現在の電波状況をリセットするというのは非常に有効な手段です。よく、格安SIMとキャリアでの品質や電波の差が話題となりますが、これも選択する業者が何を選択しているかによって異なってくるため、必ずしも大手キャリアのスマホやWiFi端末が全ての通信製品におけるベストな答えではないことを覚えておきましょう。

3.電波状況の改善と企業

結論から言えば、電波の状況の改善は企業努力によるところが大きく、ユーザー数の多い地域を優先的に整備していきます。その為、エリアによっては改善がいつになるかわからない場所も多く、その場合には使用する端末と企業そのものを考えなければならないでしょう。また、契約そのものを考える前に自身の端末において、あらゆる改善策を施してから検討することをお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 格安SIMは低速なのか?

  • 【初心者】スマホのwifi設定。自分でできますか?

  • スマホの通話料について考慮すべきこと

  • 実用化で何が実現できる?今話題の次世代通信技術【5G】の可能性とは

  • 格安SIM・ポケットWi-Fiとは?最強の組み合わせを徹底解説!

  • SIMの寿命とネットワーク機器