1. TOP
  2. スマホのキャリアは目的別に選ぼう

スマホのキャリアは目的別に選ぼう

 2017/04/07 国内通信事情  

1.国内のキャリア

日本でのスマホのキャリアは、大手3社のdocomo・au・softbankかUQモバイル、Yモバイルなどの格安スマホ事業者の2つに分かれます。もちろん、キャリアが異なるということは使用できるサービスから端末まで異なりますし、使用する電波帯まで異なります。キャリアが違ったとしてもスマホの通信方法は電波によるものか、WiFiによるものかの2つしかありません。また、電波による通信方法は通信量によって制限がかけられている為、どこまでも自由に使用できるものではないということも忘れないでください。これらの知識を踏まえてここでは、国内スマホのキャリア別の特徴について、考えてみます。

2.キャリア別の優位性

スマホは、個別の契約を行ったものでも、レンタルでも格安SIMでも、電波帯は大手3社のものを使用している為、3社とも問題なく通信できる場所ではどれを選んでも特別な問題が起きることは少なくなっています。それに関連して、WiMAXとYモバイルのWiFi端末では、月の通信量制限がない通信方法もありますが、その2つだけは特別な電波帯で有る為、よく確認して契約する必要があります。大手3社を比べてみると、その料金はさほど大きな変わりはありません。俗にいう、はなし放題と2GBのパケット定額料金を合わせれば3社とも6200円が最低料金ということになります。この数字だけで言えば、UQモバイルやYモバイルの契約内容の方がネットをよく使用する方には向いているかもしれません。ちなみに同じような条件を整えると、この2社も料金的に全く同一となりますが、音声通話の無料時間がUQモバイルの方が短い点には気を付けてください。電波帯に関して言えば、都市部ではsoftbankが最も早い通信速度を誇るところが多いですが、海や山間部ではdocomoやauのどちらかしか使用できない場所というのもあることを覚えておきましょう。

3.セットという考え方

光回線とスマホの会社を同一にしたうえで、家族全員を1つの会社でまとめるとお得になるというのは大手3社のスマホ契約では何処を選んでも当てはまります。その額やサービス料金に違いはありますが、家族全員を同じ会社で統一させるという通信業者の目的が見え隠れします。新規の契約よりも乗り換えが多く、スマホの販売台数そのものは頭打ちになりつつあるため、家族全員に対する割引などで勝負しているというのが通信業者の現状です。それでも利用者は、より安価で今までと同じかそれ以上のサービスを求める為に回線の乗り換えを行うので回線による割引サービスなども含めた上で通信業者と契約しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホでGoogleが検索できない時の原因と対策

  • Web会議導入時に必要なものリスト・おすすめのWeb会議システムを紹介

  • 格安SIMの選び方とは?何を基準に選べば良い?

  • 日本における携帯キャリアを比較してみよう

  • 【初心者】スマホのwifi設定。自分でできますか?

  • 【格安sim】マイネオの特徴と評判は?