1. TOP
  2. キャリアとの違いは?MVNOとキャリアの通信速度を比較!

キャリアとの違いは?MVNOとキャリアの通信速度を比較!

国内通信事情  

今まではsoftbank、au、docomoなどのキャリアと契約することで利用者は無線通信を使うことができました。
今回紹介するMVNOとは従来のキャリアから通信インフラを借り格安SIMをユーザーに提供することで格安の無線通信を可能にする事業者になります。以下キャリアとは何か、またキャリアとMVNOの通信速度を比較してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【そもそもキャリアとは何か】

携帯電話会社、電気通信事業者のことをキャリアと称している場合が多いと思いますが、そもそもキャリアとは職業や経歴を意味する英語の「career」とは違う語源で「運び手」を意味する「carreir」が語源とされています。そこから派生して固定電話も含めた電話関連企業のことをキャリアと呼ぶため、一般的に認知されているsoftbank、au、docomoなど大手3大キャリア以外にも「キャリア」は存在することになります。
先ほど冒頭で説明しましたので詳しい内容は割愛しますが、一方のMVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略称で日本語にすると「仮想移動体通信事業者」という意味になります。

 

【MVNOと大手キャリアの通信速度を比較!】

計測する時間帯よって順位に変動もありますがここではキャリア大手3社のsoftbank、au、docomoとY!mobile、UQMobile、mineo(Dプラン)の3つのMVNOの受信速度と送信速度を12時台で比較して紹介したいと思います。

①12時台の受信速度
softbankの70.1Mbpsを筆頭にY!mobileの56.0Mbps、docomoの45.3Mbpsと続きます。4番手にはauの41.4Mbps、さらにUQMboileの24.9Mbps、mineo(Dプラン)が最下位で0.9Mbpsとなりました。

②12時台の送信速度
ここではY!mobileの15.3Mbpsが首位でsoftbankの14.4Mbpsが2位と続きます。3位にはauの10.2Mbps、4位にUQMboileの8.9Mbps、5位にdocomoの6.5Mbps、最下位にmineo(Dプラン)3.8Mbpsとなりました。

 

【まとめ】

今回ご紹介したようにMVNOのメリットは何といっても格安で利用できるという点ですが、肝心の「通信速度」という点でやはり従来のキャリアには劣るようです。MVNOの利点と不利な点をしっかり把握し納得いく形で利用できたら良いのではと思います。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 格安SIMは低速なのか?

  • スマホでGoogleが検索できない時の原因と対策

  • auの新iPhoneはSIMカード交換が必要

  • 国内キャリアの比較で考慮したいこと

  • スマホのキャリアは目的別に選ぼう

  • 格安【simフリー】スマホを徹底比較!激安で購入する方法もご紹介