1. TOP
  2. ホノルルで歩きスマホをすると罰金!具体的な内容も紹介

ホノルルで歩きスマホをすると罰金!具体的な内容も紹介

海外通信事情  

最近ではMVNO(仮想移動体通信事業者)の普及によりさまざまな通信プランを選択できるようになりました。中には海外でも使用できる通信プランも登場しており、海外旅行やビジネスにおいて気軽にスマホを利用できる様になりましたね。
観光情報や地図などの情報を得られるようになった反面、公共の場におけるスマホのマナーに関して問題も起こっています。その問題のひとつが「歩きスマホ」でしょう。日本でも歩きスマホによる事故が急増しており、社会問題になっています。それは日本だけでなく世界でも同様で、ハワイのホノルルではアメリカ初となる歩きスマホに関する条例を施行しました

○ホノルルで歩きスマホをすると罰金に!

2017年10月25日より交通事故を削減する目的で「注意散漫歩行条例」が施行されました。これはスマホの操作をしながら道路の横断を禁止するという条例です。もちろん日本からの観光客もこの条例が適用されるため注意が必要です。
なお、この条例はスマホを含めた「モバイル端末」を道路の横断中に操作することを禁じています。このモバイル端末は以下の機器も含まれるので注意しましょう。
●タブレット端末(ipadなど)
●フィーチャーフォン(ガラケー)
●携帯ゲーム機
●デジタルカメラ

携帯ゲーム機も含まれるため、特に子ども連れでの観光は注意しておきましょう。

●道路横断中の通話はOK?

この条例はあくまで道路横断中にモバイル端末を操作する事を禁じています。操作とは、「画面を見ること」「画面を見ながら操作すること」を差しています。よってスマホを使用して音楽を聞くことはOKです。なお、通話に関しては条例に適用されませんので一応OKです。ただし、通話をするためにスマホを操作することは禁止されていますので、急用でなければ通話もしないほうが無難でしょう。なお、警察や救急に連絡するなどの緊急時はスマホを操作して通話をしても大丈夫です。

○気になる罰金の金額は?

条例を違反する事は無いと願いますが、念のため罰金の金額を紹介しておきます。1年以内に何度も条例違反をすると罰金の金額が増していきます。
初回…$15~$35(約1650〜3850円)
2回目…$35~$75(約3850〜8250円)
3回目…$75~$99(約8250〜10890円)

○まとめ

この条例は横断歩道を渡る場合を対象としていますが、ホノルルは基本的に横断歩道以外の道路を渡ると罰金に科せられる場合があるので注意しましょう。
せっかくの海外旅行。限られた時間を有意義に過ごすためにスマホのマナーはしっかりと守りましょうね。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • グローバルWiFiの評判と現状

  • ハワイの不安定な通信環境はルーターで解決

  • グアム旅行でiPhoneを使用する時に知っておきたい利用方法

  • 海外の通信事情と日本の状況

  • スマホの世界シェアと日本の状況

  • 海外はプリペイド式simカードが便利な理由とは?