1. TOP
  2. 海外の電波の速さについて考えたいこと

海外の電波の速さについて考えたいこと

海外通信事情  

1.世界の中の日本の通信速度

電波の速度は、通信の速度そのものであり、日本においてはその速度は非常に高速と言えるでしょう。携帯端末そのものでも10M以上のスピードが出ることは少なくなく、高画質の動画でもそれほど時間をかけずダウンロードすることが可能です。速度そのもので言えば、理想値とされている100Mほどの速度は出なくともアプリや動画の視聴には影響はないでしょう。また、ポケットWiFiや光回線では更に高速の電波を受信することが可能です。特に、光回線を利用した通信速度は、各社で1GBMbpsや2GBMbpsなどの通信速度を理想の数値として売り出しています。その為、日本国内における通信速度は世界的に見ても決して遅くはなく、むしろ優れていると言えるでしょう。これらの知識をふまえた上で、ここでは海外の電波速度に着目していきます。

2.海外の電波の速さ

海外も電波の仕組みそのものは日本とさほど異なりません。しかし、電波の速さにおいて重要な通信速度にはかなりの違いがあります。例えば、アメリカにおいては、平均的な通信速度は10.5Mbpsであり、先進国ではありますが世界の通信速度を比較した場合10位にも入らないということになります。また、アメリカの通信速度は業者によって大きく異なり、ブロードバンドの料金はかなり高額となっています。ちなみに、アメリカの携帯端末、ブロードバンドは各社での潰し合いという状況にある為、場所によって1つの企業のものしか選べないという状況になります。また、各地に注目してみると、イギリスなどでは携帯端末の速度でも26.2Mbpsほどの速度を誇ります。この速度は、日本ではポケットWiFiに匹敵するほどの速度であり、場合によっては、それよりも高速という状況です。韓国なども数値で言えば、日本よりも高速であり、平均して23.6Мbpsほどの速度が出ています。それに次いで、スウェーデンやドイツなどのヨーロッパ諸国は総じて通信速度が速く、電波の速さで苦労することはないでしょう。

3.通信速度から考える海外と日本

世界的に見ても日本の通信の保守的な料金設定は、非常に珍しくアメリカと比べると真逆の環境にある為、グローバルな展開という意味では難しい状況にあります。特に、海外においては日本の通信業者がメインになることは、企業を買収しない限りはないというような状況にあります。また、電波状況の差はインフラの整備具合によって変わってくるので今後、アフリカなどの発展途上国がトップクラスになることもないとは言えないでしょう。逆に、今の段階で高速な通信速度を誇る地域や国であれば、渡航においては全く問題がないと言えるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【タイ】プリペイド式simカード事情を紹介

  • グアムのsimについて

  • オーストラリアでSIMを利用するための準備と方法

  • 海外の通信事情と日本の状況

  • 【海外】キャリアアドレスからの送受信は可能?

  • 海外でのキャリア通信で高額料金を請求されることも!