1. TOP
  2. マレーシアでもSIMカードを入れ替えなくてもデータ通信は可能?

マレーシアでもSIMカードを入れ替えなくてもデータ通信は可能?

 2018/03/26 海外通信事情  

今スマホは日常生活を豊かにするだけでなく、快適な旅のためには欠かせない必需品ともいえるアイテムです。
マレーシアでも日本にいる時と同じように、地図検索やSNS投稿などを行いたいという人もいるでしょう。
また、クアラルンプールやマラッカ、ペナンなど、マレーシアの中でも大きな都市では、タクシー配車アプリ(Grab / Uber)のサービスも開始されていますので、データ通信が自在にできたほうが情報収集や記録、移動などにおいて円滑に行動することが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

スマホを使って快適な旅を楽しみたい!

MAP検索やタクシー配車アプリなどを上手に活用するとこで、初めて訪れる町でも不安なく移動ができるはずです。
マレーシアに滞在する場合でもSIMカードを入れ替えずにそのまま携帯を使ってデータ通信を行うこともできますし、料金をもっと節約したいのなら違う方法を利用することもできます。

 

キャリアのサービスでデータ通信が可能!

日本の携帯電話会社であるキャリア提供の海外パケット通信を使う場合、どこのキャリアのサービスを利用するかで料金は異なります。
例えばdocomoでiPhoneを使ったデータ通信なら、事前に申し込みをしておけば24時間980円で利用できますが、パケット使用量が30MBを超えると通信速度は低下します。
事前に申し込みを行わずに国際ローミングサービスを利用した場合には高額な費用がかかることが多いので注意してください。

 

レンタルWi-Fiを使ったデータ通信

また、レンタルWi-Fiをインターネットなどで事前に申し込んでおき、空港でルーターを受取って使用することも可能です。
1日700円程度で利用でき、3日間400MBを目安に使うことができます。マレーシアに到着してルーターの電源を入れ、スマホにパスワードを入力すれば利用できるので操作も簡単です。
返却も空港で行えますし、SIMカードを入れ替える必要もなく、所有する携帯番号をそのまま使うことができます。
ただし、スマホとルーターを持ち歩くため、荷物が増えるという点がデメリットと言えるでしょう。

 

SIMカードを購入してデータ通信を行う方法

そしてマレーシア現地でSIMカードを購入してデータ通信を行うことも可能です。
日本でSIMフリーのスマホ端末を準備しておき、SIMカードを入れ替えて使用します。
そのため現在の携帯番号では利用ができなくなりますが、料金は最も安くデータ通信も快適に行うことができるはずです。

 

フリーのWi-Fiに接続すれば無料で使える!

なお、マレーシアのホテルでは無料Wi-Fiを設置していることが多いので、なるべく費用を削減するためにホテルのWi-Fiに繋いで利用することを検討してみても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • SIMフリーのスマホで香港に行こう

  • 中国移動通信のsimカードのチャージ方法について

  • 危険なサイン?ハワイでルーター内部の温度が熱いと感じた場合

  • ハワイで携帯を利用する場合のサービスについて

  • グアムでパケット料を抑えてスマホ利用したい方必見!

  • シンガポールの通信に関する事情と日本との違い