1. TOP
  2. 【海外】キャリアスマホを日本以外で使う時のポイントとは?

【海外】キャリアスマホを日本以外で使う時のポイントとは?

 2018/03/24 海外通信事情  

契約しているキャリアのスマホを海外で利用する場合、請求が高額にならないかを心配する人は少なくありません。
どのくらい請求が来るのか不安がある場合には「機内モード」などにしておくと安心かもしれませんが、せっかくなら上手に現地でも活用したいと思うものでしょう。
このような場合、「国際ローミング」で海外でも使う方法を利用する方法がありますので、何に注意すれば良いかポイントなどを確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

事前のデータ通信設定がポイント

海外でスマホ使用により課金されるのは通信が発生した場合だけなので、圏外で使用できる機能に対する課金はありません。
ただしアプリが自動的に最新データを確認し始めた場合などは、Webサイトへの接続やアプリの使用をしていなくても課金されることがあります。
そのためデータ通信の設定はしっかりと事前に行っておく必要があるでしょう。

 

海外で利用可能となる国際ローミングとは?

大手キャリア3社(docomo、au、ソフトバンク)のスマホが海外でそのまま使用できるのは「国際ローミング」というサービスによるものです。
これらの携帯電話会社は現地の事業者と提携しており、現地の設備が利用できるようになっています。
それぞれの携帯電話会社は、国際ローミングが可能になるように提携先を広範囲に設けているため、ごく一般的な場所であれば繋がりやすくなっています。
ただし国際ローミングの対象でないエリアもあるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

・国際ローミングの種類
国際ローミングには「音声通話ローミング」と「データローミング」の2種類があり、音声通話ローミングの場合は音声通話とSMSのみ、データローミングであればMMSやネットへの接続が可能です。
一部の国や地域では音声通話ローミングのみの対応になっていることがあるので、こちらも事前の確認が必要です。

 

国際ローミングでスマホを使った場合の料金は?

国際ローミングでスマホを使う場合、音声通話は自分から発信しても着信を受けても有料になります。
その料金も日本で使用するより割高で、1分100円単位で費用が発生するケースもあることから長電話には注意してください。
着信時には電話に出なければ受信側に課金されることはありませんが、海外事業者によっては発信時に相手に繋がらなくても課金されることもあるので注意しましょう。
また、SMSは海外でも受信は無料、送信は1通あたり100円です。
MMSはデータ通信のため、携帯メールであることはSMSと同じですが、使える条件は同一ではありません。
画像などサイズに合わせた通信料が発する点と、送受信どちらも有料であると認識しておきましょう。

 

なぜ海外でスマホを利用したら高額請求される?

海外でのスマホ利用で高額請求が発生する原因は、MMSやネット接続です。
音声通話は緊急時以外使用せず、データ通信はパケット通信もしくはWi-Fiなど無線LANを利用するなどなるべく節約できる方法を検討しましょう。
なお、パケット通信は定額プランでなく使用した分だけ課金される従量制での利用は高額請求を招くことに繋がりますので、特に海外ではキャリアの海外パケット定額プランを使用するようにしてください。

 

海外でのスマホ利用で高額請求されないポイントは?

飛行機など搭乗前にはスマホの設定で「データローミング」をオフにしておき、現地に到着した時に自動的にデータ通信が実行されない様にしておく必要があります。
また、キャリアの海外パケット定額プランを利用する場合、定額対象の事業者に接続されているか、確認を忘れない様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 気を付けよう、ハワイでの自動更新とルーターの活用

  • スマホの世界シェアと日本の状況

  • ハワイでフリーWi-Fiルーターに接続されたことが確認できる表示の仕組みとは?

  • 海外用Wi-Fiについて考慮したいこと

  • チャイナモバイルのiPhoneについて考察する

  • ハワイにおけるルーターとチャンネル設定について